固定資産税

 固定資産税は、土地、家屋、償却資産(これらを総称して「固定資産」といいます。)を所有している方が、その固定資産の所在する市町村に納める税金です。

納税義務者

1月1日現在、町内に土地、家屋、償却資産を所有している方。
※「所有している方」とは、原則として不動産登記簿又は固定資産課税台帳等に登記又は登録されている方をいいます。
※売買等によって実際の所有者が変わったとしても、登記簿の名義変更手続きや登記されていない家屋の場合は家屋異動届を1月1日現在において完了していない場合には、旧所有者がそのまま納税義務者となります。
※共有資産について
共有資産に係る納税通知書は、共有者の代表者に対してのみ送付しています。

固定資産の評価

固定資産の評価基準に基づき固定資産を評価し、価格(評価額)を決定します。
土地と家屋の価格は、原則として3年ごとの評価替で見直されます。
償却資産は、申告書を提出していただき、毎年評価し、価格を決定します。

優遇措置

過疎地域自立促進特別措置法に基づく過疎地域および企業立地促進法指定集積地域に湧別町が指定されている期間は、次の要件を満たす場合は固定資産税の優遇措置が適用されます。

製造の事業、農林水産物等販売業、旅館業
湧別町が過疎地域に指定されている期間に、取得価額が2700万円を超える家屋、機械、装置、付属設備、土地を新設・増設する場合は、固定資産税が3年間免除されます。

納期

期別納期限
第1期5月31日まで
第2期7月31日まで
第3期9月30日まで
第4期11月30日まで

税金のお支払い

納付書による現金でのお支払い、または口座振替によるお支払いとなります。

お問い合わせ先

住民税務課税務グループ(上湧別庁舎)電話01586-2-5863