郷土館

 湧別町郷土館は、湧別総合体育館に隣接する資料館です。
 ナウマンゾウの歯や遺跡から出土した土器や石器、そして開拓の歴史など、湧別の歴史がコンパクトに紹介されています。


外観
外観
ナウマンゾウの臼歯
ナウマンゾウの臼歯

ご利用案内

開館時間
午前9時~午後4時30分まで(入館は午後4時まで)
休館日
月曜日(祝日は開館)、年末年始(12月30日~1月4日)
入館料
無料
指定管理者
シダックス大新東ヒューマンサービス株式会社

館内案内

オホーツクの海と大地の生き物たち
トドや熊など、オホーツクの海と陸に住む生き物たちが紹介されています。
ナウマンゾウの臼歯
1998年に湧別町東芭露で発見された、約3万年前のナウマンゾウの白歯が紹介されています。
遺跡から出土した土器・石器
シブノツナイ遺跡や川西オホーツク遺跡から出土した土器や石器などが紹介されています。
漁業のあゆみ
昭和33年(1900年)頃の漁業の様子や現在に至るまでの変遷が紹介されています。

郷土館の体験学習メニュー

 郷土館では展示見学だけではなく、「体験学習」も行っています。
 体験学習のメニューを相互に組み合わせることで郷土学習だけではなく、様々な学校行事・博物館講座・各種研修会などでもご利用できます。

郷土館でできる体験学習

 先史文化・考古学分野の学習をおススメしています。
 豊富な出土資料と体験学習の組み合わせにより、「ふるさとを知り・ふるさとを好きになり・ふるさとを守り育てる」ための郷土学習をサポートします。

『湧別の縄文文化のくらし』
遺跡散策や、展示室で発掘資料を見学をします。石器の切れ味なども体験できます。
(社会科向き・見学が中心)
『郷土と土器』
郷土の豊かな資源である粘土と遺跡に注目した、教科横断型の郷土学習ができます。
(総合的な学習向き・体験が中心)

住所・施設概要

郷土館

【住所】
099-6404 北海道紋別郡湧別町栄町155番地の1(湧別総合体育館横)
電話01586-5-2229(湧別総合体育館事務所)
※学校での見学など、展示の解説が必要な場合は湧別町ふるさと館(電話01586-2-3000)までお電話ください。
【建設年度】
昭和50年度
【面積・構造】
木造平屋建て 360平方メートル

お問い合わせ先

ふるさと館JRY 電話01586-2-3000