弾道ミサイル落下時等の行動

避難するマーク

 弾道ミサイルは、発射からわずか10分もしないうちに到達する可能性もあります。
 ミサイルが日本に落下する可能性がある場合は、国からの緊急情報を瞬時に伝える「Jアラート」を活用して、緊急速報メールや防災スピーカー、テレビ・ラジオ等により緊急情報をお知らせします。メッセージが流れたら、落ち着いて、直ちに行動してください。

 詳しくは、内閣官房「国民保護ポータルサイト」で開きますでご確認ください。

速やかな避難行動

  1. 屋外にいる場合:近くの建物の中か地下施設に避難する。 ※できれば頑丈な建物が望ましいですが、近くになければ、それ以外の建物でも構いません。
  2. 建物がない場合:物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守る。
  3. 屋内にいる場合:窓から離れるか、窓のない部屋に移動する。

正確かつ迅速な情報収集

テレビ、ラジオ、インターネットなどを通じて情報収集に努め、行政からの指示があればそれに従い、落ち着いて行動してください。

近くにミサイルが落下した場合の行動

  1. 屋外にいる場合:口と鼻をハンカチで覆い、現場から直ちに離れ、密閉性の高い屋内または風上へ避難する。
  2. 屋内にいる場合:換気扇を止め、窓を閉め、目張りをして室内を密閉する。

事前に確認しておきましょう

内閣官房国民保護ポータルサイト
内閣官房国民保護ポータルサイト

首相官邸ホームページへのバナー
首相官邸のホームページです。ミサイル落下時には、こちらから政府の対応状況がご覧になれます。

リーフレット画像

漫画リーフレット「ミサイルが飛んできたときには」
弾道ミサイル飛来時の行動について、具体的な避難行動をイメージしやすいよう北海道が作成した分かりやすい漫画の啓発資料です。

お問い合わせ先

総務課情報防災グループ(上湧別庁舎)電話01586-2-2112