トップ > 各課のページ > ふるさと館JRY > 北海道指定史跡「シブノツナイ竪穴住居跡」の調査報告会を開催します

北海道指定史跡「シブノツナイ竪穴住居跡」の調査報告会を開催します

令和2年度調査報告会「1,000年前のカマド発見!?」

 今年も7月から8月にかけ、「シブノツナイ竪穴住居跡」で発掘調査を実施しました。発掘調査の成果を知っていただくため、調査報告会を開催します。今年の調査で確認された「カマド」の痕跡や「土器」注目し、シブノツナイ竪穴住居跡で暮らしていた1,000年前の人々の生活について、新しくわかったことをご紹介いたします。湧別の古代のロマンを感じられる貴重な機会ですので、ぜひご参加ください。
【シブノツナイ竪穴住居跡とは?】
 530か所もの竪穴住居跡が確認できる、道内でも有数の古代の大集落遺跡です。
【日時】11月28日(土曜日)13時30分~14時30分
【場所】湧別町文化センターさざ波 多目的ホール
【報告者】林 勇介(湧別町ふるさと館JRY・郷土館 学芸員)
【参加料】無料です!
【定員】60名
【要申込】11月26日(金曜日)までに湧別町ふるさと館JRY(01586-2-3000)にお申込みください。
*会場ではマスク着用をお願いします。
*当日に発熱や咳症状などがある方は来場をお控えください。
*感染症の情勢により直前で中止となる場合は、町ホームページでもお知らせします。

shibu2020

お問い合わせ先

教育委員会社会教育課
湧別町ふるさと館JRY・郷土館(01586-2-3000)

▲このページの先頭へ