トップ > 各課のページ > 水産林務課 > 野生鳥獣への餌付けは絶対にしないで!!

野生鳥獣への餌付けは絶対にしないで!!

 野生鳥獣への餌付け(エサやり)について、数件の目撃情報が寄せられております。
人が与える食物に依存して自ら餌をとることができなくなる鳥獣を生じさせるだけでなく、餌付けされた種のみが増加することにより、生態系のバランスを乱すことも予想されます。
中でも、鳥類への餌付けは、餌付け場所等への不自然な鳥類の集中化を招き、事故等の発生や生息環境を悪化させるおそれがあり、場合によっては、感染症の発生や拡散も心配されます。
野生鳥獣は自然の中で自然のままの物を食べて生きており、エサを与えることにより、頻繁に来るようになり、鳴き声や糞などにより生活環境に被害をもたらします。
野生鳥獣を保護するため、餌付けをしないよう、皆さまのご協力をお願いします。

お問い合わせ先

水産林務課水産林務G(TEL:01586-5-3763)

お知らせ

▲このページの先頭へ