“ローソクだーせー、だーせーよ”町内各所で七夕の日を楽しみました

ローソクもらいの画像
集合写真

 8月7日(水曜日)、七夕に関するイベントが町内各所で行われ、子どもたちは織姫と彦星が出会う特別な1日を楽しみました。
 「ローソクもらい」と呼ばれる、わらべ歌を歌いながら近所の家を周りお菓子をいただくハロウィンのような行事が北海道の一部地域で行われていて、湧別町でも一部の地区で受け継がれている伝統的な風景です。
 緑町自治会では、子どもたちが「ローソクだーせー、だーせーよ。ださなきゃ、かっちゃくぞ。おまけに噛み付くぞ。」と元気よく歌を歌いながら、お菓子を用意してくれている家を一軒一軒訪問。「まぁ怖い。お菓子あげるから勘弁してね。」などと話しかけられながら袋いっぱいのお菓子を頂いた子どもたちからは笑顔が溢れていました。訪問された方からは「この歌を聞くと昔を思い出し、いつも元気をもらう。この伝統を絶やさないでほしい。」と話していました。
 また、各保育所でも甚平や浴衣を着た子どもたちが、短冊に書いた願い事が叶うように歌を歌いながらお祈りして七夕の日を楽しんでいました。