空き家等対策計画

 湧別町空き家等対策計画(平成30~令和4年度)を策定しましたので、計画内容をお知らせします。

計画の背景と目的

 全国的に長期間使用されていない「空き家等」が増加しており、その中には適切に管理されていないため、倒壊の危険や放火、不審者の侵入、衛生状態や景観の悪化などの問題を生じさせ、地域住民の生活環境に深刻な影響を及ぼしているものもあります。湧別町においても、こうした問題が顕在化しており、行政としての対策に取り組む必要性が高まっています。

 国においては、地域住民の生活環境の保全を図り、空き家等の活用を促進するため、「空家等対策の推進に関する特別措置法」を平成27年5月に全面施行し、国、都道府県、市町村、そして所有者または管理者それぞれの責務を定め、空き家等への対策を総合的に推進していくこととしています。

 これらの背景を踏まえて、住民が安全で安心して暮らせる快適なまちづくりを目指して、「湧別町空き家等対策計画」を策定しました。

計画のポイント

  1. 計画の対象は町内全域ですが、200件以上の空き家があることから、市街地を重点対象地区として、更に特定空家等を優先して対応します。
  2. 湧別町が所有する空家等についても、除却後の跡地等を地域活性化のために利用する場合は、計画の対象とします。
  3. 空き家等の発生抑制、管理が不十分な空き家等への対処など、具体的な施策を示しています。

お問い合わせ先

企画財政課未来づくりグループ(上湧別庁舎)電話01586-2-5862