トップ > 新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ > 新型コロナウイルス感染症「緊急事態宣言」が延長されました

新型コロナウイルス感染症「緊急事態宣言」が延長されました

 令和2年4月7日に出された新型コロナウイルス感染症「緊急事態宣言」について、令和2年5月31日まで延長されました。北海道は引き続き「特定警戒都道府県」に指定されています。町民の皆様にはご理解とご協力をお願いいたします。

緊急事態措置期間 5月31日(日曜日)まで

■感染リスクを高めるような不要不急の外出を控えてください!
■3 つの密を避けましょう!
1 換気の悪い密閉空間
2 多数が集まる密集場所
3 間近で会話や発声をする密接場面

町民の皆さまへ

 令和2年4月7日に出された新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言が5月31日まで延長されました。町民の皆さまにおかれましては、落ち着いて行動をしてくださいますようお願いいたします。

・医療機関への通院、食料・医薬品・生活必需品の買い出し、必要な職場への出勤、屋外での運動や散歩など生活の維持のために必要な外出は、自粛の対象となりません。
・不要不急の外出及び「三つの密」が重なる状況を避けるようにし、自己への感染を回避するよう徹底しましょう。
・日常生活や職場では、人混みや近距離での会話、多数の者が集まり室内において大きな声を出すことや歌うこと、密接した状況で呼気が激しくなるような運動を行うことを避けましょう。
・食料品等の買い物は可能ですので、買い占めの必要はありません。冷静な対応をお願いします。
・不要不急の帰省や旅行など札幌への往来及び都道府県をまたいだ移動は控えましょう。
・感染防止のためには、できる限り頻繁に石けんを使って手洗いしてください。
・咳をする際には、咳エチケットにより飛沫を飛ばさないようにし、室内の換気にも気を付けてください。

湧別町新型インフルエンザ等対策本部長 石田昭廣

湧別町新型インフルエンザ等対策本部組織図PDFファイル(63KB)

このような症状がある場合には、紋別保健所に電話で相談しましょう

以下の症状がある場合には、紋別保健所(TEL 0158-23-3108)に電話で相談しましょう。

1.息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
2.重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
(※)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
3.上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合
なお、症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。
(これらに該当しない場合の相談も可能です。)

関連情報

情報は日々更新されています。
厚生労働省、北海道などの情報をご確認いただき、日常の感染予防に努めてください。

お問い合わせ先

総務課(TEL:01586-2-2112)

緊急情報

▲このページの先頭へ