竹内隊員の「こんなことやってます」(10月15日更新)

令和3年度

10月15日 気付けばもう10月半ば!

急に寒くなって、会話の中でも「雪」というワードが出てくるようになり、もうそんな季節か…と思います。越冬経験まだ1回ですが(笑)

さて、最近のお仕事からひとつ。「よそ者が見た、湧別町」の2作目を今月公開しました!
今回は移住してから半年後~1年に撮り貯めていた町内の映像を使用しています。

野鳥が好きで撮影も得意な協力隊 田渕さん撮影の映像はここで公開するのがもったいないのでは?と思うほどきれいです。
動画編集のためにすべての映像を拝見したのですが、自分では絶対に撮影できないものばかりで見ていてとてもワクワクしました。
ということで、生き物多めな動画となっています!
4分ほどの動画なのでお時間ある際にぜひ見てみてください(^^)
自分以外の視点で見ることがない日常風景は、見慣れた場所のはずなのに違う場所のように見えるかもしれません。

半年前に公開したVol.1をまだ見ていない方はこちらからどうぞ↓

10月1日で着任してから1年が経過しました。早いものです。
この1年を振り返ってみると、とても濃い日々を過ごしていたんだなと思います。
コロナ禍ということもありほとんどを町内で過ごしていましたが、その中でも色々な体験をさせてもらい、いいところだけでなく湧別町の課題も見つけることができました。
これからは、その課題と自分ができることを組み合わせて、何かできればと考え中です。

いつかの夕焼け
いつかの夕焼け。日が暮れるのも早くなりましたね。

9月30日 SNS映えスポット巡り・・・?

木道を歩いていく私

志撫子にある絶景スポットに続き、案内してもらった場所についてお伝えします。

まず一箇所目は先ほどの絶景スポットからも近い、「計呂地交通公園」でした。
上の写真は公園内の木道です。サンゴ草群生地と書いた看板があったので行ってみましたが、見える範囲には見当たらず…後日、木道からさらに先30メートルほどのところにあると聞きました。サンゴ草は次の場所で見ることができましたので、また後ほど♪

計呂地交通公園のSLの全体像

計呂地交通公園の見どころはなんといってもこのSLです。
旧湧網線の旧計呂地駅をそのまま保存しているそうで、これは「C58」というSLだそうです。ちょうど1年ほど前に社会現象となった映画を思い出し、ワクワクしました。
キャラに寄せた格好をして写真を撮ったりしても面白そうですね!

SLの先頭に立ち、正面から撮影してもらった様子
なんて言いつつも、地味な格好とポーズで撮ってもらいました(笑)

さて、続いて向かったのは鶴沼でした。ここは、今見頃を迎えたサンゴ草群生地です。
訪れたのは9月中旬だったので、ほんのり赤くなっているサンゴ草を見ることができました。

サンゴ草のアップ写真
つり橋を額縁に見立てて撮影した写真
「つり橋が額縁のように見える!」とのことで奥のサンゴ草を入れようと思い撮影。なかなか難しいですね…

SNSでもよく見かけるので知っている人が多いのか、観光客と思われる方々も来ていて車の出入りが多くありましたが、ヒグマの通り道としても有名な場所だそうなので、訪れる際は周囲に十分お気を付けくださいね。

サンゴ草群生地をバックに撮影
ここでも「記念に」と撮影してくださいました。日頃撮ってもらうことが少ないのでどれもぎこちないですが、ありがたかったです!

計呂地交通公園も鶴沼も場所は知っていたものの、訪れるのは初めての場所でした。
車で通るだけでなく降りてみると楽しくて、思い出にもなる場所であることが分かりました。そして、SNS映えスポットといってしまっていいと思います。

湧別町出身の方の案内で町内を巡り、知っているようでまだまだ知らなかった場所を教えてもらい、勉強になった一日でした。
移住してきて一年が経ちましたがまだまだ北海道民、湧別町民になりきれていないな~と思う節が多々あります。
もちろん、「よそ者視点」も忘れずに持ち続けながら、もっと町内のことを学んでいきたいと思います。

9月22日 サロマ湖 円山がきれいに見える絶景スポット

サロマ湖100キロマラソンのフルマラソン地点に建てられた記念碑

天気も良くドライブ日和だった日、湧別町出身の方にサロマ湖に突き出た円山が見渡せる絶景ポイントまで連れて行ってもらいました。

上の写真は、サロマ湖100キロマラソンの42.195キロメートル地点に建てられた記念碑で、湧別町から佐呂間町方面の国道238号線を走り、サロマ湖芭露水芭蕉群生地の駐車場から左に入るとある「月見ヶ浜道路」の途中にあります。
国道を気持ちよく走っているだけでは見つけることのできないちょっと隠れたスポットです。

ここからでも十分きれいにサロマ湖が見えるのですが、もう少し高いところからの絶景スポットがあるとのことで、目的地へ向かいます。

国道の駐車場から見る円山
また少し寄り道。国道の駐車場から見る円山です。「これが下から見る円山だと思って~」とのこと。

絶景スポットへの入り口は、知っている人しか気付けないような場所でした。
舗装のされていない坂道をガタガタと登ると…見渡す限り広がる牧草地!
映画のオープニングを思わせるように、視界がパッと開けました。

どこまでも広がっている牧草地

そして振り返ると、サロマ湖が!円山もきれいに見えました。
走ってきた国道と志撫子の漁港も見えます。
今まで素通りしていたのがもったいなかったな、と思いました…。

目的地の絶景スポットにて。

ここは桜が丘という場所で、昔はこの近くで人が集まったり家もあったとのこと。
「今はこんな感じになっちゃったけど、見晴らしがいいでしょ。」とうれしそうに話してくださいました。

趣のあるあずまやの写真
趣のあるあずまやもありました。
石碑1
石碑2

石碑もたくさん。初めからここに建てられたものと道路工事の際にここに集約されたものがあるそうです。

桜が丘はとても見晴らしがよくて、気が休まる場所でした。
整備が必要ですが、お弁当を持ってきて食べても気持ちいいのだろうな~なんて思います。

円山を意識して両手を上にあげ丸を作っている私
円山を意識して、まる〇
真っ赤な実をつけたナナカマドの木
真っ赤な実をつけたナナカマドの木がありました。

ここでゴール!かと思いきや、他にも紹介したいところがあるよ!とのことで引き続き案内してもらうことに。
その様子はまた次回お伝えしたいと思います。

9月15日 デザインって難しい

最近、私にしては珍しく(?)とても集中していた時間がありました。
昨年に続いて今年もチューリップ公園の畑の一部のデザインをさせてもらえることになったのです。
今年はチューピットショップ(球根乾燥施設)横の芝生の中にある円形の畑のデザインです。
円は全部で25個あります。

農作物として始まったチューリップの歴史を生かした畝植えがメインのかみゆうべつチューリップ公園内では珍しく、顔をくっつけられるくらい近い距離で観察や写真が撮れるエリアとなっており、5月に開催されたフェアの時にもここで写真を撮っている方をよく見かけました。

2021フェア時の円形の畑
ここです。今年5月に開催したフェアの時にはこんなにきれいに咲いていました。

頼まれた当初は「デザインもなんも、品種を選ぶだけ。去年よりも簡単そう!」と思ったのですが、いざ考え始めると・・・む、難しい・・・。

「草丈や開花時期は考慮しなくてよくて、むしろばらつきがあった方がよい」とのことだったので、“色だけで考えよう!”と、とりあえずペンを持ち、「赤」「黄」「白」など書いて埋めていきました。
しかし、文字だけでイメージが湧くわけもなく、「参考にして~」ともらった昨年度の配置図に色鉛筆で品種の色を塗るところから再スタート。

品種名をもとにどんなチューリップか調べながら色を塗っていると、また気付いてしまったことが・・・“チューリップにはいろんな形があるんだった…!”

一重咲き(コンチネンタル)
一重咲き(コンチネンタル)
八重咲き(アイコン)
八重咲き(アイコン)
ユリ咲き(バレリーナ)
ユリ咲き(バレリーナ)

一重咲きや八重咲き、ユリ咲きなどなど形が全然違うのです。
これを無視して色だけで決めると、偏りが出てしまう。そして一覧表ではこのグループが記号で記されています。

グループがあって記号で記されていることも知ってはいましたが、完全には覚えていなかったため、グループから覚えることに。
なかなか畑のデザインにたどり着けません(笑)

前回は使える品種がある程度決まっていたのですが、今回は選べる範囲も広くて考え出したらキリがなくなりそうでした。

図面に配置の下書きと清書を繰り返して4パターン考案。

作業風景の様子、色鉛筆と配置図
もちろん、それぞれ違った視点から考えました。

そして・・・3つ目に考えた案が採用されることになりました!
また少しチューリップに詳しくなることができ、とてもいい機会でした。
チューリップは品種が多い分知れば知るほどハマってしまいます(笑)

見るだけでも楽しめるお花ですが、ちょっとした豆知識があるとさらに楽しめるのではないかな、と思います。
豆知識や公園の作業の様子はかみゆうべつチューリップ公園Facebookでも随時投稿していますので、ぜひ見てみてくださいね。(毎度毎度宣伝ばかりですみません。でも更新ガンバッテマス!)

きれいに咲くのか不安半面、楽しみ半面です。球根の植え付けは来月、咲くのは半年以上先なので気長に待ちたいと思います。

9月7日 オフシーズンのチューリップ公園について

一面土になったチューリップ公園

満開のチューリップから早3カ月。
観光スポットである「かみゆうべつチューリップ公園」は外から見ると完全にオフシーズンとなりました。

ですが、公園内では来年に向けてどんどん準備が進められているのです。
今回は公園のオフシーズンについて少しお伝えしたいと思います。

球根掘り取りの様子
6月・7月は球根掘り取り
球根選別の様子
8月は球根選別

地味に見える作業ですが、すべては来年のチューリップをきれいに咲かせるため。
作業員の皆さまによる手際のいい作業と公園管理者による徹底した球根管理があり、「かみゆうべつチューリップ公園」のチューリップは花を咲かせています!

掘り取られた球根のチェックをする公園管理者
掘り取られた球根のチェックをする公園管理者

私は着任後からチューリップ公園のSNSを担当させてもらっていて、主にFacebookとInstagramで公園の様子を1年通して発信するようにしています。
年中発信している理由はできるだけ多くの方に、裏での作業も知ったうえできれいな光景を見てほしいからです。
SNSではより詳しく発信しているので、チューリップに興味ない方もある方も一度見てほしいなと思います。

そして最近、Facebook用に制作していた動画を一部修正を加えて町公式YouTubeチャンネルでも公開しました。

これらの動画は町ホームページ内チューリップフェアのページからもご覧いただけるので、フェアの情報と合わせて知りたい方はこちらからご覧ください。

9月も引き続き選別作業が行われ、すべての球数が分かったところでどこの畑に使用するかなどが決められます。
今年の球根乾燥庫内も選別を終えた球根コンテナが並び始めました。

今年8月に撮影した球根コンテナ
今年8月に撮影した球根コンテナ

球根コンテナが積まれた様子を見ると、初めて見た公園の風景になってきたな~と時の流れを感じてしみじみします。(1年前はまだ横浜や都内で遊んでいるような生活をしていたので(笑)もちろん、感染対策を行いながらです。)

昨年10月に撮影した球根コンテナ。10月のほうが数が多いです。
昨年10月に撮影した球根コンテナ

公園業務に少し携わり、1年を通して思ったことは「チューリップは勝手に咲かない」ということ。
オフシーズンにも手間のかかる作業をしているからこそきれいな花が咲いているという、考えてみれば当たり前なのですが、「きれいだね~」と花を見ているだけでは気づけないことを学ぶことができました。

10月には球根植えが行われます。植え付けは移住してきて初めて行った公園作業で次の日には全身筋肉痛になったような…。
この1年で公園のことを知れたので、去年よりも思いを込めて植えることが出来そうです。

9月1日 木製マグカップ製作をさせていただきました

私が製作している様子

残暑らしい暑さとなった8月最終週。外出等の制限もまた厳しくなり動きづらくなりましたね。
皆さま、お体には十分お気を付けください。

さて、そんなコロナ禍が続き時代が変わりだした今、ここで乗っからないわけにはいかない!と前向きな町民の方に出会いました。
湧別町で40年以上木工芸作品を作り、販売している「たま工芸」の玉井さんです。
玉井さんは湧別町周辺でとれる木を材料にマグカップやお皿、スプーンなどの小物から木の形を生かした大きなランプ台など数えきれないほど多くの作品を作り出している木工作家さんです。

作品を作る玉井さん

今回私は取っ手なしのマグカップ制作をさせていただくことに。
内側は機械を用いて初心者には危ないとのことで、私は工具のノミを使い外側を削って、自分の好きな形にする工程からさせていただきました。
使用する木は槐(えんじゅ)という床柱にも使われる縁起のいい木とのこと。そう聞くだけで、より一層大事に作ろうという気持ちになります。

玉井さんがマグカップの内側を削っている様子
マグカップの内側を削っている様子(玉井さん)
削る前のマグカップ
削る前がこちら。機械で角をなくしてもらった状態です。ここから、ノミで削っていきました。

玉井さんは「外側で決まるから。穴だけ開けないように自分の思うように、好きなように削ってごらん。」とけがをしないようにノミの使い方を教えてくださり、それからは自分の勘に任せて削ります。

途中経過の様子
途中経過

特に何も考えずに削っていきましたが、削るうちに作りたいもののイメージが湧いてきました。ただ、1日では完成しないことが分かり、続きはまた後日行わせていただくことに。

指の置き場まで削ったマグカップ
分かりにくいですが、自分の手に合わせて指の置き場だけ少し深めに削っています。

玉井さんは、数年前まで全国各地の物産展に出向き販売をしていたそうですが、ご自身の体調とこの状況下で出向くことができなくなり、これからの販売方法や方向を考える時間にあてていたとのこと。
私が製作体験させていただけることになったのもこの背景にあります。

すぐにというわけではないですが、今後一般の方にも製作体験をしていただけるような体制を作りたいと考えているとのことで、その前段階として私が体験し、製作体験を通じて思ったことや感じたことを玉井さんにお伝えさせていただきました。
ちょうどこのようなタイミングでお会いすることができ、微力ながらも手伝えることがあって私もうれしいです。
また、お話を聞いていると、他にも新たに考えていることがあるようで聞いているだけでワクワクしました。

途中だったマグカップは別日にもう一度お邪魔し、続きから行い完成させました。

やすりをかけ、滑らかになったマグカップ
最後は、右側にあるやすりで滑らかに。

久々になにか一つのことに集中した時間でとても楽しく、時間が過ぎるのがあっという間でした。
仕上げの塗りは玉井さんに行っていただく予定なので、またお伝えしたいと思います。

「樹」一文字が彫られた底面
底面にちゃっかり自分の名前から「樹」の一文字を彫りました(笑)

8月30日 町内では珍しい6次産業化

昨年12月に取材をさせてもらった中谷牧場の丸山さんからうれしいお知らせが届きました!
丸山さんは「酪農(1次産業)×加工(2次産業)×販売(3次産業)=6次産業」に踏み切り、高品質ジャージー牛にこだわる乳製品加工工房を始動するための準備を進めていた方です。

ついに、その乳製品加工工房、ARVO(アルボ)のカフェ営業が始まったのでぜひ来てほしいとのこと。
週末のみの営業ということで、用事を済ませた後立ち寄ることにしました。

カフェのある場所はお隣の佐呂間町ですが、牧場は湧別町計呂地(けろち)にあります。
計呂地はザ・北海道!な風景をしているので改めて北海道にいることを実感できるお気に入りの場所です。

車窓から見る計呂地の牧草地
いつも車窓から見ているので、いつか自転車でゆっくりまわりたいな~なんて思っています。
道沿いにある大きな看板

道に迷わないか心配でしたが、大きな看板があり迷うことなく行くことができました。
看板から先の突き当りを左折すると右手に見えてきます。

アルボに着くと、お客さんがたくさん。
皆さん満足げに外のイートインスペースで食べていたり、アイスを片手に車に戻っていたりしていて穏やかな空気が流れていました。

この雰囲気を見て、以前のインタビュー時に丸山さんが「だれが来てもゆっくりできる雰囲気作りをしたい」とおっしゃっていたことを思い出し、ちょっとうれしくなりました。

ショーケース前に並ぶお客さん
ジェラートの入ったショーケース

私はソフトジェラートを購入。
ソフトジェラートとは聞いたことのないスイーツでしたが、上半分がソフトクリーム、下半分がジェラートという贅沢なスイーツでどちらも濃厚でとてもおいしかったです。

ソフトジェラートの写真
溶けてきて慌てて撮ったのでピンボケしてるうえに斜め…奥はおうち型のイートインスペースです。

湧別町で生産しているジャージー牛ミルクから、自然と人が集まってくるような空間まで創出した丸山さん。
これからも乳製品加工工房ARVO(アルボ)から目が離せません。

8月18日 協力隊4人でパンフレットを制作しました

現在湧別町で活動している4人の地域おこし協力隊で一つのパンフレットを作りました!

パンフレット表紙の写真

このパンフレットはフォトブック形式となっており、デザイン、内容、載っている写真等すべて協力隊が撮影したものを使用しています。

そもそもパンフレットを作るということすら決まっていない状況から始まったので、完成までには何度も打ち合わせを重ねました。

制作過程が分かる試作品一覧

写真向かって左から順に完成品に近づいています。
初めは手書きメモ。イメージを共有して形にしていきました。
大きさも結構変わっていますね。

内容は実物を見てのお楽しみ!と言いたいところですが、少し触れると、協力隊が湧別に来て思った「湧別あるある」と「湧別ならではの風景写真」をシンプルに掲載しています。
この内容にした理由は、
・湧別町を知らない人が湧別町に興味を持つきっかけとなってほしい
・町民の方が見ても面白い、なるほど!と改めて自分の町に興味を持ってほしい
この2つです。

よそから来た私たちだからこその視点でまとめたパンフレットは町内2カ所の道の駅や公共施設に置かせてもらいましたが、すでになくなった場所もあるため電子ブックでの閲覧をオススメします。

町内外の方がこのパンフレットをきっかけに少しでも湧別町に興味を持ってくださればと思います。

8月16日 北海道の七夕は8月

「北海道の七夕は8月なんだよ~」
7月上旬、これを知って驚きました。8月になった理由は諸説あるようですが、旧暦を使用したからというのが濃厚な説のようですね。

猛暑日が続いた夏、夏休みに入った子どもたちはお祭りもなくて思い出作りのきっかけが減ってるのではないか?と思い、遊園地 Family愛Land YOUに短冊に願い事を書いて飾れるスペースを作らせていただきました。
1週間足らずの短い期間にも関わらず、予想以上の短冊が飾られていて主催側としてはとてもうれしかったです。願いごとを書いてくださった皆さま、ありがとうございました。

短冊がたくさん飾られた柳の木

用意するものも少ないので準備はささっとできるものだと思っていたのですが、思ったより大掛かりだったので、今回は設置までの裏話をお伝えしようと思います。

まず、竹か笹は町有地で簡単に手に入ると思っていたのですが、そもそも道東には短冊を飾るような竹も笹も分布していなかったのです。
周りの方に話を伺うと、北海道では竹や笹は簡単に手に入らないため柳の木で代用していたとのこと。
七夕といえば竹か笹に飾るのが当たり前でショッピングモールや学校などでも本物の竹を使用していた記憶があったので、竹がないなんて思ってもいませんでした。

時間もない中の準備だったこともあり、北海道らしく柳の木を使用することにしました。
そこで、植物に詳しいチューリップ公園の管理者の力をお借りして柳の木探しに町内で目星をつけた場所へ。しかし、七夕に使えそうな柳の木はなかなか見つからず…。
理想の柳を求めて町内を探すこと約2時間半。ようやく理想に近い柳2本を見つけ設置をしました。

設置直後の柳の木
しっかりと固定した様子

柳の木は傷みやすいので、切り口から水を吸いやすくするために軽くたたいて縦に切れ目を入れてから水につけ、小さなお子さんが触れても大丈夫なようにしっかりと固定しました。
それから装飾や短冊などを用意して設置完了です。

飾り付けした七夕スペースの様子
短冊を書くスペースの様子

以上、実は木を探すことに一番苦労したというお話でした。
屋外の設置で天候に恵まれない日が続いたということもあり短冊が汚れてしまったり、柳が枯れてきてしまったりと課題も多く見つかったので、来年以降もできることになればしっかりした短冊とできれば本物の竹を用意したいなと思いました。

飾り付け等すべて設置後の七夕スペース

また、飾られた短冊の中から「織姫賞」「彦星賞」「なまら面白いで賞」を選び、町のInstagramで紹介するというキャンペーンも行いました。
入選したお願いごとは町の公式インスタグラムのストーリーズハイライトにて紹介しているのでぜひチェックしてみてください。

7月19日 初めてドローンを操縦しました

ドローンを操縦している様子

北海道の暑さなんて、名古屋や神奈川に比べれば大したことない!と思っていましたが十分暑いですね…。
7月に入ってもヒートテックを着ている日があったというのに(職場で驚かれていました)、ついにやめて半袖を着始めました。
また、北海道は日ごと、昼夜の気温差が激しく体がついていくのに必死です。
この気温差で何回も風邪を引きそうになりました。慣れるまでにはもう少し時間がかかりそうな予感…。

本州は湿度が高いので蒸し暑く蒸し焼きにされているような感覚、北海道はカラッとしているので網の上で焼かれているような感覚です。(伝わりますかね…?笑)
風が吹けば気持ちいいと思えるのが救いだなと思います。

虹のかかるリールマシーンの写真

畑が緑になってきてから、見渡すといろんなところにあるリールマシーン。
角度によっては虹が出て爽やかな気持ちになります。

こんな感じで急に真夏を迎えたな~という湧別町内でいくつかあるお祭りも中止となってしまい、「夏っぽいこと」がなかなか見当たりませんでした。
そこで、川や海を撮影して清涼感を出せないかな?と思い、広報担当者と相談をして湧別川を空撮してみることにしました!
というものの、私はドローンを使用したことがないのでこれが初挑戦となります。

町内には大会が開催されることもあるというラジコン飛行場があり、看板を見て気になっていた場所です。
今の時期は木々でおおわれているせいもあって場所が分かりにくいのですが、札富美の湧別川沿いにあります。

ラジコン飛行場の様子
滑走路のようです!近くにこんな場所があったとは…

レクチャーしてもらい、早速飛ばしてみることに。
操作方法は単純なので頭での理解はできるのですが、操縦しながらとなるとてんてこ舞いになりました。

ドローンで撮影したラジコン飛行場の写真
ドローンで撮影したラジコン飛行場

また、練習している時に一匹のキツネが食べ物を探しにふらっとやってきました。
私たちがいることに気づいて多少警戒しつつも、空腹が勝っていたのでしょうか。
しばらくの間ラジコン飛行場にいたのでこんな写真も撮れました。

遠近法で私がきつねを食べているような写真
キツネとのツーショット。人間には興味がないご様子。

今回、バッテリーの関係もあり一回のみの練習でした。撮りたいイメージはあるけれど思うように動かせず、動いたと思ったら映像としては速すぎたり…これは練習あるのみだなと思いました。
今回撮影した映像は、とあるところで見てもらえるようにと考えていますので、お楽しみに!

6月29日 豆植えの次は支柱立て

芽を出した畑の豆

6月4日に芭露ビーンズクラブの皆さまが植えた豆が芽を出しきちんと整列した状態ですくすくと成長していました。
この間お邪魔した時にはどこからかカッコウが鳴いており、3週間たった今日は晴れ渡ったオホーツクの空をトンビが飛んでいてピ~ヒョロロ~と爽やかに鳴いていました。

さて、今回は竹の支柱を立てるということで、小学生がプランター植えで使用する腰丈くらいの支柱をイメージして伺ったら…
2メートルほどある竹の支柱をさして束ねるという大掛かりな作業をされていました。
苗1つに対し1本の支柱を立て、2列×3本計6本の支柱を束ねて1組とし、麻ひもで固定します。

支柱立ての図
青枠でくくった形で1組とします

土が固いので支柱をさす力仕事はお父さん方、支柱を束ねて固定するのはお母さん方と役割分担をして手際よく進めていました。

支柱を立てるお父さん方1
支柱を立てるお父さん方2
6本の支柱をまとめるお母さん方1
6本の支柱をまとめるお母さん方2

今回は私も少し手伝わせていただきました。
まずは、支柱を立てているお父さんに竹を渡す係から。その後、見よう見まねで支柱を束ねてみたり…。最後には束ね作業ベテランのお母さんから風が吹いても倒れない強い支柱の立て方を教わり、上手く立てることができるようになりました。

ペアになったお父さんとのツーショット
腰にはヒモをくくりつけ、すぐに取り出せるようにしています。
支柱を束ねている様子
苗を踏まないように気をつけながら目線よりも少し高いところでの作業は見た目以上に大変です。

休憩の号令がかかると、お父さんが休憩用の椅子や飲み物などをセッティングしてくださり、お母さんは手作りお菓子を用意。10分もない小休憩でしたが、心身ともにゆっくりできました。
そして「やるぞ!」と号令がかかり、再び作業に戻ります。号令後の皆さまの切り替えの早さといったら本当にびっくり。
今までゆっくりしていたはずなのに、私が「さあ、やるか~」と椅子から立ち上がった時にはもう作業が再開していました…。

この日、ビーンズクラブの皆さまは午後4時頃まで作業をされていたそうです。
私は午前中の2時間ほどお手伝いさせていただいただけでしたが、恥ずかしながら、後日3日間も筋肉痛になりました(笑)

きれいに支柱が立てられた列は、一番向こうまですーっと見渡せます。
きれいに支柱が立てられた列は、一番向こうまですーっと見渡せます。

ビーンズクラブの皆さま、今回も貴重な体験をさせてくださりありがとうございました!

6月24日 ホタテの無料配布

湧別町民の特典ともいえる「ホタテの無料配布」
年に一度、町内全世帯にホタテ20枚が無料で配られるという日があると話には聞いていましたが、実際にいただくのは初めて。
今年は“新型コロナウイルス感染症により長い自粛期間や行動制限があったなか、町民の皆さまに少しでも湧別の味覚を楽しみ、元気になってほしい”とのことで湧別漁協からホタテ25枚、湧別町農協から150グラムのバター2箱が配布され、私も自治会の班長さんから頂くことができました。
はじめ、バター2つと聞いて勝手にキャラメル1つサイズが2つもらえると想像していたので、まさかこんな量もらえるなんてびっくり!
今まで港がある市も含めて日本各地7か所に住みましたが、町民(市民)だからといってここまでの大盤振る舞いをしてくれるところはありませんでした。ただの港町じゃないな、と思います。

配布されたホタテ
今年のホタテは身が大きく甘みもあるのだとか。
配布されたバター2箱
バターは料理好きの母が「普通のバターと違う!コクがあっておいしい」と太鼓判を押すよつ葉乳業のものでした。

私は役場勤務なので、周りの力のある男性職員らがホタテを配布し疲れた様子で戻ってくるのを目撃しました。
写真を見せてもらいながら話を聞くと、市場で袋詰めをしてトラックに載せて各自治会に配布していたとのこと。他にも多くの漁業関係者やスタッフの方が準備をしてくださったようで、感謝の気持ちしかありません。
ホタテを育てて獲ってくださった漁師の皆さまはじめ各世帯にいきわたるように準備をしてくださった皆さま、本当にありがとうございます。

配布当日の帰宅後は下処理をしただけで力尽きてしまい…
貝柱とみみ(ヒモ)に分けて、貝柱は冷凍庫へ。
ぬめりが強いみみは、塩もみして熱湯かけて冷水で洗えばきれいになると教えてもらったので、その方法で試してみるとぬめりと黒い部分があっという間にとれてきれいになりました!ちょっと感動。今日甘辛く煮ようと思います。

下処理したホタテ貝柱
下処理したホタテのヒモ

関東に住む友達は「凄すぎる!羨ましい!バターまでもらえるなんて至れり尽くせりだね。」と言っていました。
本当にその通り!これもまた湧別に来てよかったと思う瞬間です。なんせ25個もあるので、いろんな調理法で味わっていただきたいと思います。

湧別町Instagramで配布の様子がご覧いただけます↓

6月7日 ビーンズクラブにお邪魔してきました

ようやく暖かい日が増えてきたな~と思ったらもう6月!九州に住む祖父は「もう30℃で半袖短パン、暑いよ~」と言っていました。
初めて見たチューリップフェアも5月いっぱいで終了し花摘み作業も終えてまた緑に戻り、さらに時の流れを感じます。
ほぼ毎日公園に出向いていたので、チューリップにちょっと詳しくなったような気でいましたが、全然そんなことはなく…フェア終盤になって、「え、こんな種あったっけ!?」など新たな発見が多くありました。

さて、チューリップが終わって一息…と思ったときに、サロマ湖ビーンズクラブの方から「芭露で豆植えやるからおいでよ!」とお声がかかりました。
豆…?枝豆かな…?とあまり想像もつかないまま、とりあえず行ってみることに。

豆を植えているビーンズ会の方
豆は3粒ずつ落とし、植えるそうです。
豆植えの様子
皆さまでせっせと作業をされていました。
サクラマメ
サクラマメ
クリマメ
クリマメ

初めて見る「サクラマメ」(写真は肥料添加後)と「クリマメ」
クリマメはリスのような色をしていて、可愛らしい形をしています。
この2種がメインで、植えきったところで「アオダイズ」も植えていました。

この日植えた豆は1週間から10日もしたら発芽し、さらに大きくなるとツルが伸びるので竹の支柱を立てるそうです。
「手がかかるけどみんなでしゃべりながらやるから楽しいんだ~夫婦一緒だと言い合いになるけどね~!」と明るく元気なお母さん方。

畝切りの様子
手作りレーキで畝切りをして、豆をまく場所を決めます。この道具がかなり便利!
アオダイズ
アオダイズ植え。基本は3粒。余ったので少し多めに…
休憩の様子
一仕事終えて、ちょっと休憩。この後すぐに残りの豆を植えるため、次の畑に移動されました。

収穫は10月末頃。その後、豆落とし(脱穀)をして出荷するそうです。
皆で協力して一つの作物を育てるのはとても楽しそうで、取材した私まで温かい気持ちになりました。
生長した豆を見にまた伺おうと思います。

5月20日 チューリップが満開に

昨年10月に行なった球根の植え付けから週1回程度で訪れていたチューリップ公園のチューリップたちがついに見頃を迎えました。

ピンク、紫と色とりどりのチューリップ

今年度も身動きがとりづらい状況となり、見に来たくても来れないという方も大勢いらっしゃると思います。
内地(北海道では、北海道と沖縄以外に住む方のことをこう呼ぶそうです)に住む友達も行ってみたい!来年こそは!とうずうずしていました。

白、ピンク、オレンジのチューリップ

そんな方にもきれいなチューリップを見てほしいと思い、今シーズンからチューリップ公園公式のTwitter、Instagramを開設し、フェア期間中毎日投稿中です。

ぜひ、SNSのフォローよろしくお願いします♪
また、今まで通りFacebookと開花日記からでもチューリップ公園情報を確認できるのでこちらからでも!

そういえば移住当初、広報ゆうべつなどで「チューリップに惹かれてきました!」と書いていたら、こちらの方に「ウソでしょ?それだけでこんなとこまで来たの?」とからかわれたこともありましたが(笑)9割方本当の話で移住のきっかけはチューリップでした。

公園奥側からみたチューリップ公園

元々花畑に行くのは好きだったので学生の頃もよく行っていましたが、北海道の湧別町というところにあるチューリップ畑は全く知りませんでした。
「なんでこんなきれいなのに、全国的に知られている富良野のラベンダーと違って知られていないんだろう?実際に見てみたいし、PRの面で何か自分にもできることがありそうだ!」と思い応募することを決めていました。
ちょうど1年ほど前のことですが、だいぶ昔のことのように感じます。

今年初お目見えで、一番お気に入りのチューリップ(バスター“Buster”)
今年初お目見えで、一番お気に入りのチューリップ(バスター“Buster”)

湧別のチューリップを知る方がもっと増えればいいなと思いながら、公園に出向く日々。
シーズン終了までもう少し、きれいな写真を撮り貯めたいと思います!

デザインをさせてもらった木靴の畑で一枚
デザインをさせてもらった木靴の畑で一枚。前方はきれいに咲きました。

5月10日 ウニ剥きをさせてもらいました!

先日、芭露(ばろう)の漁師さんにお願いをしてウニ剥きのお手伝いをさせていただきました!
というのも、これより前にたまたま「今日はウニやってるよ!」という情報を得てアポなしでお邪魔したところパック詰め段階できれいな状態のウニしか見れなかったのです。そこで、はじめから見たいと思い再びお邪魔させていただきました。

パック詰めされたエゾバフンウニ
選別したウニ

朝揚げてきたエゾバフンウニを割って、スプーンで中身をかき出します。

ウニを貝から掻き出している様子

このままだと食べられないところも混ざっているので、ピンセットで丁寧に取り除き、くっついている身は切り離します。私が手伝わせていただいたのはここまで。
この段階でやっと、よく見るウニになりました(笑)

お手伝いをしている様子

ピンセットで取り除く作業はとても細かくて集中力がいる作業です。これを何時間も続けて行っていて、食べると一瞬なのになんて手間暇かかる食べ物なんだ!と思いました。
20年ほど前までは殻付きで出荷していたのでこれほどの手間はかからず、多くの漁師さんがウニ漁も行っていたそうですが、ホタテ養殖も始まるちょうど忙しい時期と重なりウニまで手が回らない。と、手を引く人が多く、今ウニ漁を行う漁師さんは当時の半数以下になっていると聞きました。

ウニを選別している様子
身がぎっしり詰まったウニ

お寿司屋さんや海鮮店で「贅沢だね~おいしい!」と食べていたウニにこれだけの手間がかかっていることなんて今まで考えたこともありませんでした。奥さまが「食べ物はなんでも食べるのは簡単だけど食べるまでに手間暇かかるの」とおっしゃっていて、まさにその通りだなと思いました。
ウニの裏側を知り、口の中に入れると一瞬でなくなってしまうウニですが、これからはもっと味わって食べます。この丁寧な作業があって食べているということがウニが大好物の母にも伝わるといいな…!
温かい漁師さんとご家族の皆さまのおかげで貴重な体験ができました。本当にありがとうございました。

4月30日 協力隊インタビュー動画を公開しました

もう5月に入るというのにこの寒さ!北国にいることを実感します。
桜が咲いてきたり、農家さんが畑作業をしていたりと春を感じるときもあるのですが、早く暖かくなることをひそかに願う毎日です。

さて、私のミッションのひとつは町のPRをすることなのですが、どのようにPRすればよいのか模索しながら広報やSNS、動画で発信をしてきました。
そして先日、新しい動画を公開したのでご紹介します!

移住後どんな生活をしていているのか?第一印象は?など、よそから来た私たちが思う湧別町を包み隠さず話しました。湧別を知らない人は湧別での暮らしがイメージできるように、町内の方には自分の住んでいる町を改めて振り返るきっかけになればいいなと思います。
お時間ある方はちらっと見てみてください(笑)

明日5月1日(土曜日)からはチューリップフェアが始まります!
5月は基本チューリップ公園にいますので、見かけたら声をかけていただけるとうれしいです。

4月27日 牛のミスコンを見てきました!

湧別町は人口約8,500人に対し乳牛が約18,700頭と、人の約2.2倍もの牛が飼われています。(湧別町の統計ページより)
ホタテやカキのイメージも強い湧別町ですが、確かに車で走っていると牧場の看板があってその奥には牛舎があるという光景をよく見ます。

そんな酪農も盛んな町、湧別で乳牛のショー(ブラックアンドホワイトショー)が開催されると聞いたので見に行ってきました。
酪農は生き物を扱う仕事なので、365日お休みがありません。その中でこのショーは非日常であり、出場している酪農家の方々にとってひとつの楽しみであるそうです。
昨年度のショーは全て中止となったため2年ぶりの開催であったそうで酪農家の皆さまからは楽しそうな半面、緊張している様子も伝わってきました。

今回のショーには、生後数か月の仔牛からお乳を搾っている親牛まで約60頭の牛が出場していました。
審査員は一人で、トラック内をゆっくり歩く牛を見て順位をつけていくスタイルです。
生まれた年月日ごとに9つにクラス分けされ、クラスごとに順位が付けられます。その後、各クラスの2トップが集められ、仔牛と親牛それぞれの1位2位が選ばれ、グランドチャンピオンが決まります。

飼育している牛の中で一番いい牛をいいコンデションで見てもらうために、洗って毛を刈り、まっすぐ歩けるように調教をしてから出場します。また、痩せすぎていてもよくないらしく食事調整を行ったりもするそうです。
まさに牛のミスコン!
骨格や乳用性など項目はたくさんあり、酪農家の方々は専門用語で会話をしていましたが、ど素人の私にはさっぱり…どの牛もかっこよく見えました。その中でもいくつか項目を教えてもらったので、そこだけに注意しながら見て心の中で順位をつけましたが、ひとつも当たりませんでした。

トラック内をゆっくり歩き、審査を受ける様子
トラック内をゆっくり歩き、審査を受ける様子。
各クラスで1位2位となった牛が並んでいる様子
各クラスで1位2位となった牛

ショーはこれから9月までに数回にわたり開催され、いい評価をもらった牛は全道のショーに出場するのだとか。(新型コロナウイルスの状況次第のため、開催は未定)
ブラックアンドホワイトショーの奥は深そうです。

今回のショーでグランドチャンピオンをとった牛
今回のショーでグランドチャンピオンをとった牛

4月20日 チューリップの季節が近づいてきました

4月ももう半ば。車で走っていても、見える風景に緑が増えてきていて春が近づいていることを実感しています。

私が湧別に住みたい!と思った一番のきっかけであるチューリップ公園のチューリップもついに芽を出し、日に日に大きくなっています。
今は3~4日おきに撮影をしていますが、毎回違った表情をしてくれるので撮っていて飽きません。

また、最近は公園を訪れて芽を出したチューリップを見ている方もちらちら見かけるようになりました。
まだほぼ土しか見えない時期に公園をうろついていると不審者扱いされそうになったので、公園を訪れる方が増えてうれしいです(笑)

4月2日の芽出しの様子
4月2日
4月6日雪の中から顔をだす芽だし
4月6日
4月10日の芽出し
4月10日
4月14日の芽だし
4月14日

実家やお世話になっている方に送ったチューリップはもう見頃を迎えていました!

実家のチューリップ
実家のチューリップ

こちらは遠軽地区広域組合消防署上湧別出張所横の花壇のチューリップです。
真っ赤なチューリップが顔を出していました!暖かくなると花が開くそうです。早咲きのチューリップはもうそろそろでしょうか?

遠軽地区広域組合消防署上湧別出張所 横の花壇のチューリップ

協力隊になって気づけば半年が過ぎていて最近何をしているのかというと、主に、5月1日から始まるチューリップフェアに向けた宣伝と5月26日(水曜日)に行われる予定のチャレンジ・スポーツデーに向けた準備をしています。
また、動画は今4本ほど制作しており、後日公開予定です。それまでお楽しみに♪

チューリップの湯を訪れた際に見つけたオホーツクール顔抜きパネルで撮影
チューリップの湯を訪れた際に見つけたオホーツクール顔抜きパネルで撮影。

お問い合わせ先

企画財政課未来づくりグループ(上湧別庁舎)電話01586-2-5862