グランドチャンピオンを目指して”ブラック&ホワイトショー

ショーの様子
ショーの様子

 4月22日(金曜日)、錦町の家畜共進会場でホルスタイン種の雌牛を審査するブラック&ホワイトショーが行われました。
 今年で48回目となるブラック&ホワイトショーはホルスタイン種の雌牛の改良の成果を競い、飼養技術向上を図ることを目的に毎年開催されているもので、上田範幸湧別町農協組合長ほか関係者が見守るなか、1年間手塩にかけて育ててきた自慢の牛が披露されました。
 年齢別に9クラスに分けられた雌牛をオールジャパンブリーダーズサービス株式会社の高藤裕さんが審査し、今年のグランドチャンピオンは、株式会社COWEBELL(東)の牛が選ばれました。