“生きることは食べること”合併10周年記念湧別町民大学

講演会の画像1
講演会の画像2

 10月1日(火曜日)、合併10周年記念湧別町民大学が開かれました。
 10月5日に合併10周年を迎える記念講演として演劇ユニット「TEAM NACS」リーダーの森崎博之さんを講師とし無料で開講されたもので、町内外から約350人が参加。「北海道の農業応援団長」として活動もする森崎さんが、軽快なトークで笑いも交えながら、北海道の農業が現在危機的状況となっていること、北海道・日本の食料自給率を高めるため自身が勧めている取組みなどについて講話しました。
 農業の話はもちろんですが、「TEAM NACS」の裏話や自身のリーダー論などの話もあり、会場は終始笑い声に包まれ、参加者からは「湧別町に住みながら意外と農業について知らないことが多く勉強になったし、話も面白く飽きなかった」、「リーダー論など勉強になった」などと話し、楽しく学習できた様子でした。
 また、今回合併10周年事業ということで、冒頭に石田町長より合併10年を迎えられることへのお礼と、今後20年、30年に向け、住んでいて良かったと思えるような町づくりにしていきたいとの挨拶がありました。
(写真左:森崎さん、写真右:石田町長)