“ランニングで心も体も元気に”湧別町民大学が開講

講座の画像1
講座の画像2

 湧別町民大学の第3回となる講座が、10月24日(木曜日)に文化センターTOMで行われました。
 早稲田大学時代の箱根駅伝や東京国際マラソンなどで選手として活躍後、オリンピック選手の指導や駅伝・マラソン解説、ランニング指導本の出版などランニングコーチとして活躍する金哲彦さんを講師に迎え、「100kmマラソンの町で始めるウォーキング&ランニング」と題して講演を行い、町内外から150人近くの受講者が集まりました。
 サロマ湖100キロメートルウルトラマラソンを完走した経験もある金さんは、今年のラグビーワールドカップや来年開催される東京オリンピックについて触れ、「スポーツは選手だけでなく観客などの人々も元気にしてくれるもの」とスポーツの良さを話していました。
 また、自身が飲酒など良くない生活習慣を続けた結果ガンを患った過去をふまえ、健康寿命をのばすには有酸素運動が役立つこと、中でもウォーキングやランニングが手軽で続けられることから、「軽くても良いから積極的に運動を続けてください。」と話し、運動は身体的にも精神的にも良いことだと教えてくださいました。参加者からは選手としてのアドバイスや普段の生活での簡単なストレッチ方法などを聴けて、とてもためになったようでした。
 また、講演の前には、ご厚意により湧別中学校陸上部へランニングの指導も行ってくださり、駅伝の全国大会を控えた部員も含め、ランニングの技術向上のために真剣に話を聴いていました。
 なお、第4回以降の日程は次のとおりです。
第4回 10月31日(木曜日)やましたひでこさん「断捨離で生きる知恵」
第5回 11月12日(火曜日)伊藤健次さん「大地の息吹 海のささやき」~北海道の自然に魅せられて~
*会場と時間は、いずれも文化センターTOMで午後7時からです。