○湧別町立の小学校、中学校及び義務教育学校事務主幹の命課基準

平成24年2月22日

教育委員会訓令第2号

(目的)

第1条 この基準は、湧別町立学校管理規則(平成21年教育委員会規則第11号)第4条の3に規定する事務主幹の命課等に関し、必要な基準を定めることを目的とする。

(命課基準)

第2条 事務主幹の命課は、事務主任の職にある事務職員のうち、次の各号に該当する者の中から、北海道教育委員会が選考した結果、命課が適当と判断した候補者について、湧別町教育委員会が行うものとする。

(1) 事務主幹としての職務遂行能力を有すること。

(2) 人事評価結果において、命課しようとする日前における直近1回の能力評価及び業績評価の2次評価者による全体評語がいずれも「C(通常)」以上であること。なお、派遣等特別の事情により全体評語の全部又は一部を欠く場合は、当該職員の取組状況を勘案し、個々詮議するものとする。

(3) 事務職員として次表に定める在職年数を有すること。

試験区分

在職年数

上級

31年以上

中級

33年以上

A区分

31年以上

B区分

35年以上

C区分

31年以上

その他

(別に定める)

(4) 命課の日の属する年の4月1日における年齢が53歳以上であること。

(命課除外職員)

第3条 次の各号のいずれかに該当する事務職員については、前条の規定は適用しないものとする。

(1) 命課の日において休職中の者及びこれに準ずる者

(2) 命課の日前1年の期間において、正規の勤務日に4分の1以上の日数を勤務しなかった職員

(3) 命課の日前1年の期間において、懲戒処分を受けた者

(在職年数の計算)

第4条 採用の日から命課の前日までの在職年数とする。ただし、道費負担職員以外の経歴を有する場合は別に定める。

(命課日)

第5条 命課日は、原則として毎年4月1日とする。

(事務主幹の配置数)

第6条 事務主幹の配置数は、湧別町内において、1名とする。

2 事務主幹及び事務主幹候補者が配置数に満たない場合は、配置学校に事務主幹以外の者を配置することができる。

(事務主幹の配置校の指定)

第7条 湧別町教育委員会は、事務主幹の配置学校を指定(変更)するときは、北海道教育委員会と協議し、指定するものとする。

(その他)

第8条 この基準の取扱いに関し、必要な事項は、教育長が別に定める。

附 則

この基準は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成29年9月21日教委訓令第4号)

この訓令は、平成30年4月1日から施行する。

附 則(平成29年10月25日教委訓令第5号)

この訓令は、公布の日から施行する。

附 則(令和2年2月27日教委訓令第3号)

この基準は、令和2年4月1日から施行する。

湧別町立の小学校、中学校及び義務教育学校事務主幹の命課基準

平成24年2月22日 教育委員会訓令第2号

(令和2年4月1日施行)

体系情報
第7編 育/第2章 学校教育
沿革情報
平成24年2月22日 教育委員会訓令第2号
平成29年9月21日 教育委員会訓令第4号
平成29年10月25日 教育委員会訓令第5号
令和2年2月27日 教育委員会訓令第3号