○湧別町乗合ハイヤー運行条例

平成22年3月11日

条例第2号

(目的)

第1条 この条例は、公共交通空白地域における地域住民の交通手段を確保し、もって町民福祉の向上を図ることを目的とする。

(運行区間)

第2条 運行区間は、次のとおりとする。

路線名

運行区間

上芭露線

東芭露地区公民館から遠軽厚生病院まで

計呂地線

計呂地交通公園からクリニックさろままで

(運行日)

第3条 運行日は、次のとおりとする。

(1) 上芭露線 年末年始(12月31日から翌年1月3日)を除く予約のあった日

(2) 計呂地線 年末年始を除く、毎週火曜日、木曜日の予約のあった日(ただし運行日が祝祭日の場合はその翌日)

2 町長が特に必要と認めたときは、臨時に運行し、又は臨時に運休することができる。

(運行回数等)

第4条 運行回数、運行時刻及び乗降場所については、町長が別に定める。

(対象者)

第5条 利用対象者は、次のとおりとする。

(1) 本町の住民基本台帳に記録されている住民

(2) その他町長が認めた者

(運行)

第6条 ハイヤー運行に関する業務は、道路運送法(昭和26年法律第183号)第4条の規定による許可を受けたものに委託して行わせるものとする。

(使用料)

第7条 使用料は、1乗車1人500円とする。

2 定期券使用料(上芭露線に限る。)は、別表のとおりとする。ただし、片道のみ利用の料金は、2分の1の額とし、10円未満の端数が生じたときは、これを切り捨てる。

3 回数乗車券使用料は、11乗車5,000円とする。

(使用料の免除等)

第8条 町長は前条の規定にかかわらず、規則に定めるところにより、使用料を免除し、又は割引することができる。

(登録)

第9条 乗合ハイヤーを利用しようとする者は、あらかじめ登録しなければならない。

(利用)

第10条 登録者が乗合ハイヤーを利用するときは、あらかじめ予約をしなければならない。

(乗車拒否)

第11条 乗合ハイヤーに乗車しようとする者が、次の各号のいずれかに該当するときは、乗車を拒絶し、又は降車させることができる。

(1) 公の秩序又は善良な風俗を害するおそれのあるとき。

(2) 酒気を帯びている者又は他の旅客の迷惑となるおそれのある者

(3) 前2号に掲げるもののほか、町長が特に必要と認めるとき。

(損害賠償)

第12条 利用者は、その利用によりハイヤーの車両及び設備等を破損し、又は滅失したときは、損害額を賠償しなければならない。

(委任)

第13条 この条例の施行に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この条例は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成22年9月1日条例第14号)

この条例は、平成22年10月1日から施行する。

附 則(平成23年3月11日条例第6号)

この条例は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成26年3月20日条例第9号)

この条例は、平成26年4月1日より施行する。

別表(第7条関係)

区分

一般

通学

月数

1箇月

3箇月

1箇月

3箇月

6箇月

使用料

19,500円

55,570円

15,000円

42,750円

81,000円

湧別町乗合ハイヤー運行条例

平成22年3月11日 条例第2号

(平成26年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第6章 交通安全・防犯
沿革情報
平成22年3月11日 条例第2号
平成22年9月1日 条例第14号
平成23年3月11日 条例第6号
平成26年3月20日 条例第9号