トップ > 観光情報 > 観光案内 > 文化センターTOM、ふるさと館JRY

文化センターTOM、ふるさと館JRY

トムとジェリーがいる町

「トム」は「文化センターTOM」。「ジェリー」は「ふるさと館JRY」。
TOMの方は文化センターで漫画美術館を設置。かみゆうべつ温泉と中湧別駅記念館が隣接しています。JRYの方は屯田歴史博物館でチューリップ公園が隣接しています。
ぜひ、湧別町のトムとジェリーに会いに来てください。
漫画美術館イメージ

文化センターTOM (漫画美術館 )

漫画美術館を併設した文化センター

扇型の入り口とメルヘンチックなシンボルタワーが特徴のTOMですが、なんと言ってもおすすめは漫画美術館です。
文化センタートム外観

おすすめアイコンおすすめポイント

モンキーパンチ、いがらしゆみこ、里中満智子、石ノ森章太郎氏らの原画など約500点を収蔵しており、そのうち数十点を展示。特に、北海道出身のモンキーパンチ(浜中町)、いがらしゆみこ(旭川市)の作品は充実しています。
いがらしゆみこは不朽の名作「キャンディ・キャンディ」の工程が実際の作画で分かるようになっており、見ごたえがあります。
また、館内には「町民ギャラリー」を併設し、町民の方々の作品の展示も行っています。
TOM(トム)には、
 T=チューリップ、タウン、トータル等
 O=オホーツク、オンワード等
 M=漫画、ミュージアム等
の意味がこめられています。
(写真左:展示品 写真右:館内の様子)
漫画美術館イメージ
文化センターTOM (漫画美術館 )
  • 【住所】湧別町中湧別中町
  • 【問い合わせ】01586-2-2188
  • 【開館時間】午前9時~午後5時 【休館日】月曜・祝日
  • 【料金】無料

ふるさと館JRY (屯田歴史博物館)

屯田兵の生活を体験できる歴史博物館

チューリップ公園の一角に建てられた郷土博物館。
むきだしのコンクリートの近未来を思わせる建物の中は、屯田兵の歴史博物館になっています。
ふるさと館ジェリー外観

おすすめアイコンおすすめポイント

JRYのおすすめは、屯田兵屋のレプリカで屯田兵の生活が体験できること。
薪割りや火起こし、屯田兵の服装や食事体験など湧別開拓期の衣食住を体験することができます。
子どもたちに日本古来の生活が、素晴らしいものであったことを知ってもらうために行っています。
また、屯田兵村の歴史を追ってストーリー化したジオラマや開拓期に使用していた道具や生活用品などが展示され、タイムスリップをしたような感覚になります。
歴史に興味が無い人も思わず夢中になり、自然と学習してしまう、楽しい博物館です。
JRY(ジェリー)には、
 J=Joint(結び合う)Jewel(宝物)
 R=Roots(先祖) Record(記録)
 Y=Yubetsu Farmer-Solidier(湧別屯田兵)
の意味がこめられています。
(写真上2枚:北海道遺産にも認定されている「屯田兵屋」 写真下:思わず見入ってしまうジオラマ)
ふるさと館ジェリー展示物
ふるさと館JRY (屯田歴史博物館)
  • 【住所】湧別町北兵村一区
  • 【問い合わせ】01586-2-3000
  • 【開館時間】午前9時~午後4時 【休館日】月曜日(祝日は開館)年末年始
  • 【料金】大人400円(団体320円)・高校生250円(団体200円)・小中学生200円(団体160円)
  • 【ホームページ】http://www.town.yubetsu.lg.jp/st/jry/
  • ※小学校・中学校の体験学習、出張授業も行っています。詳しくはお問い合わせください。

観光

▲このページの先頭へ