トップ > 行政情報 > 町政・取組 > 国際交流 > 友好都市-ホワイトコート町の紹介

友好都市-ホワイトコート町の紹介

カナダ・ホワイトコート町

カナダ国旗  ホワイトコート町はカナダ中西部、アルバータ州都のエドモントン市より北西に177kmに位置し、人口約9,000人の町です。基幹産業は木材工業、パルプ、精油業で町の平均年齢が29歳と言う若い、活気あふれる町です。
 町内には、人々が有意義な余暇を過ごす場所がたくさんあり、ロータリーパークでは魚釣りや、プールで楽しめ、また平成20年には町の中心に多目的屋内運動場(バレー、バスケット、サッカーなど)やスカッシコート、プール、フィットネスなどを併設した運動施設もオープンしました。平成14年には、友好都市提携を記念して、「ホワイトコート・上湧別友好公園」が造成され、町民のいこいの場となっています。

国際交流の経過

 平成3年度に北海道と友好都市提携を結ぶ、カナダ・アルバータ州から国際交流の候補地として紹介され、同年に高校生4人、中学生4人がホワイトコート町を訪れたことで交流が始まりました。
 その後、毎年中高生を派遣し、平成28年度までに216人の中高生がホワイトコート町を訪れています。(現在は、ニュージーランドとの隔年派遣) また、ホワイトコート町からは平成6年度に初めて中高生4人、引率1人が来町し、その後2、3年に1度の割合で今までに7回、合計75人の中高生、34人の一般町民および町職員が訪れホームステイを通して日本の文化や学校生活などを体験しています。
(令和元年11月現在)

友好都市締結

 互いの文化を理解し、今までの交流で築いてきた絆をより強固なものにするため、平成10年5月13日にホワイトコート町で、また同年7月17日には上湧別町(当時)で調印式を開催し、友好都市提携を正式に結びました。ホワイトコート町での提携調印式には当時の町長と議長が出席し、上湧別町にはホワイトコート町副町長と、高校生8人、その保護者3人が来町し、式典に出席しました。
 友好都市提携を結んだことで、それまで中高生のみで行われていた交流を一般町民にも広げようということから、中高生派遣にあわせて一般町民の派遣も始まりました。初年度には5人の町民の方が参加し、今までに23人がホワイトコート町を訪れ、ホームステイでの交流、町施設や学校の視察など交流を深めています。

相互交流の様子(平成30年10月28日~11月9日訪問)

交流の様子

交流の様子

交流の様子

交流の様子

町政

▲このページの先頭へ