トップ > まちの紹介

まちの紹介

 湧別町は、北海道の北東部、オホーツク沿岸のほぼ中央に位置し、日本三大湖の一つで北海道最大の湖である網走国定公園サロマ湖に面しています。豊かな自然環境に恵まれ、酪農・畑作を中心とした農業と、沿岸・養殖を中心とした漁業、豊かな森林資源を活用した林業などの第一次産業を基幹産業とする町です。
 7万平方メートルの広大な花畑に約200品種の色とりどりのチューリップが咲き誇る“かみゆうべつチューリップ公園”は、毎年5月の見頃の時期には国内外から多くの方が訪れる観光名所となっています。
 明治15年に開拓の鍬が下され、明治43年に分村してから100年の歳月を経て、隣町として身近な関係だった旧上湧別町と旧湧別町が平成21年10月5日に合併新法下において北海道唯一となる合併を果たしました。
 四季を通じて小雨地域で、冬季の降雪量も比較的少なく、快適な生活環境の湧別町は、「人と自然が輝くオホーツクのまち」を目指したまちづくりを進めています。

湧別町の世帯数・人口(令和3年2月末)
世帯数 4,101世帯
4,032人
4,442人
合計 8,474人
湧別町合併時の人口・世帯数(平成21年10月5日)
区分 湧別地区 上湧別地区 合計
世帯数 1,825世帯 2,359世帯 4,184世帯
人口 4,814人 5,462人 10,276人

町政

▲このページの先頭へ