トップ > 見どころ > 2016チューリップフェア見どころ(公園内編)

2016チューリップフェア見どころ(公園内編)

オホーツクの遅い春を告げるここ湧別町のチューリップ。初めてお目見えする53品種を含めた220品種のチューリップを是非ご覧ください。

 【見どころ・・・その1】

「入園口を入ってすぐ右手“石積み花壇の原種たち”」

 比較的小ぶりなものが多い原種やその他雑種など16種類が地元自然石を使った花壇により‘目線’の高さでお楽しみいただけます。当園初はアクミナタ、ポップコーンも!

 

【見どころ・・・その2】

「ジャンボ木靴後方の“枝咲きコレクション”」

 昨シーズンも好評をいただいた枝咲きチューリップ。今シーズンは9品種をご用意!そのうち8品種は数量限定ながら「堀取り体験販売コーナー」で入手いただけます!!

   

  ※写真は昨年公園内で開花した枝咲き品種のものです。

 

【見どころ・・・その3】※香りを感じてください

「香る秘密のエリア」

 香りといえばバラやユリ・・・これらに比べて弱く、香料としての利用が少ないチューリップですが、天候と開花時期が良ければ漂う香りをお楽しみいただける秘密のエリアが!ヒントは正面奥の通称‘チューピットショップ’辺りか! 

                 

 その他にも同時期に咲く青紫のムスカリとのコラボレーション花壇や国内メーカー提供による流通量の少ない珍品種コーナーなどなど。運が良ければキャラクターの“チューピット”と“リップちゃん”との記念撮影も!

皆様のお越しをお待ちしております!

 

        

   地元自然石を使った花壇         ムスカリとチューリップのコラボ花壇