トップ > 開花日記 > 2017年開花情報 > 寒くとも、“陽気”なココロ~あれば良し!

寒くとも、“陽気”なココロ~あれば良し!

 霧雨なスタートの「かみゆうべつチューリップ公園」。

 お昼ころから雲もとれ、晴れる予報となっておりますが・・・

 逆にこんな日だからこその雨粒をまとった、Boneのムスカリを背にした初お目見えのお2つをご紹介

左:‘Dokkum’(Triumph Group) [1999.08.30 Tulip Flower B. V.]→‘ドックム’

右:‘Yellow Hat’(Triumph Group) [2008.04.21 Van Zanten Flowerbulbs B. V. / A. P. Groot]→‘イエロー ハット’

 ‘ドックム’はオランダの都市名、‘イエロー ハット’はカー用品チェーンではありません!

 そして以前にもご紹介したことがあるはず!の国内産、新潟オリジナル品種

‘Merry Prince’(Triumph Group) [2007.12.17 Niigata Agricultural Research Institute]

 と、いつも通りの紹介表記にしてみましたが、新潟農業総合研究所園芸研究センターの登録品種、

新潟2号(愛称:メリー プリンス)が正しいのかもしれません。

 親品種である‘Merry Widow’(メリー ウィドウ)のsportで平成6年に選抜されたとあります。

 こちらの‘Merry Widow’、3幕からなるオペレッタのことらしく、正式なオランダでの登録品種名は‘Lustige Witwe’(ルスティゲ ヴィトヴェ) [1942.12.31 G. van der Mey's Sons]で同じくトライアンフグループ、ドイツ語の‘ルスティゲ ヴィトヴェ’を日本語に訳すと“陽気な未亡人”の意味。(Wikiさん、ありがとう)

 今のところ、すっきりしていないお天気。ココロくらいは“陽気”にいきましょ!

 ではまた。