トップ > 開花日記 > 2018年開花情報 > “あずましい”から

“あずましい”から

予報では朝のうちに雨が降る今日の北海道オホーツク地方の湧別町。

朝から生暖かい風が吹いているので、来そうだね。。。

自然相手のこの商売?。いちいち気にしてもしょうがないので、まったく朝に関係のなさそうな公園初お目見えのこちら↓

Firework

‘ファイヤーワーク’ Firework [Lily-Flowered] Huijg Veredeling B. V. 2012.12.21

‘花火’には淡い思い出もキュンとした記憶もない私・・・

 

お次は星なのに緑色のこちら↓

Greenstar

‘グリーンスター’ Greenstar [Lily-Flowered] Vertuco B. V. 2009.06.26

当然のことながら、星を眺め何かを祈ったこともない私。

 

そして5月3日号で小道具を駆使してお伝えしようと思った割にはスケール感の分かりづらかったこちら↓

Yellow Baby2

‘イエロー ベビー’ Yellow Baby [Double Early] J. F. van den Berg & Sons 1971.12.31

ツーフィンガー。。。で「富美焼石」の自然石花壇から。

 

パッとしないお天気を除けば、おそらく今シーズンの“なんまら”“あずましい”チューリップ。

開花割合からすると数年に一度見られるかどうか!な8割ほどでしょうか。

なして”見に行かんかった“”って、後悔するまえにどうぞ・・・

 

最後に、はじめにお伝えしていた「北海道命名150年」。八重咲きチューリップ4種類で描いたロゴマークの完成度がこちら↓

Hokkaido150year

 

したっけ

 

 

なんまらなまら)”(北海道弁)=かなり、とても、

 

あずましい”(北海道弁)=素晴らしい、落ち着く、居心地が良い、

 

なして”(北海道弁)=どうして、

 

~べ”(北海道弁)=~でしょう、~だ、