トップ > 開花日記 > 2018年開花情報 > “じょんば”しまっちゃったけど・・・

“じょんば”しまっちゃったけど・・・

さてさて、「2018かみゆうべつチューリップフェア」の開幕まで、あと半月となりました。

本日のここ北海道オホーツク地方の湧別町はあいにくの湿雪からの本格的な雪のお天気。

おなじみの風車型展望台も何故かイカ墨色で寂しそうです・・・

windmill

 

雪といえば2月の平昌オリンピック。道産子選手の活躍に北海道弁の「そだねー!」を使うとか使わないとかで、われわれ北海道民は盛り上がっていたようですが・・・

 

そんな「北海道」は今年、命名されてから150年目の節目を迎えます。なんにでもすぐに乗っかる性格な私達は考えました・・・これも乗っかろうと!

と、いうわけでチューリップフェア開幕にさきがけて湧別町のチューリップをお楽しみいただけるお知らせを2つ。

1つ目は札幌市北3条広場「アカプラ」を会場に“春一番、ゆうべつチューリップ便り”と銘打ち、100基のプランターを設置いたします。こちらは期間限定の4月27日から5月11日までとなっております。

2つ目はこの西側に位置する北海道庁赤れんが庁舎前庭の花壇をお借りして昨秋に24種類のチューリップを植付けしており、「アカプラ」と連動した形でゴールデンウィーク後半頃から順次お楽しみいただけるものとなっております。

 

1ヶ月ほど先あたりから見頃を迎えるであろう?園内の様子はというと・・・昨日、例年よりも早めに設置を完了した木製の展望台から望むムスカリ花壇のイカ墨色した様子がこちら↓

muskari

 

最後にこの「開花日記」、昨年のように“タイトル”にはこだわらず、“北海道”にこだわった内容でお伝えできればと考えております。あー!フェアの開幕までは不定期ながら“気持ちの乗った時”だけお伝えいたしますけどね。

したっけ!!

 

 

したっけ”(北海道弁)=ばいばいまたね

 

じょんば”(北海道弁)=ショベルなど雪かきに使う道具