トップ > 開花日記 > 2016年開花情報 > これを・・・考える。

これを・・・考える。

「開花日記」がお伝えしなければならないことは、当然ですが公園内のチューリップたちの開花状況・・・。

遠目には全体の3割程度の花が残っている感じとしかお伝えできません。。。

そんなわけで今日は趣向を変えた“番外編”

 

加工した画像なのでわかりずらい点はご容赦くださいませね。

で、こちらのお写真は地元小学生が‘どうしたらチューリップ公園&フェアが良くなるか’を提案してくれたものです。

簡単にご紹介すると・・・チューリップが飾ってあり時刻を知らせる「でっかい花時計ミュージック」、かわいい「風車型のジェラート」と地元の牛乳を使った「チューリップリン」、おしゃれイメージの「チューリップ噴水」、くぐると恋がかなう「ラブラブ門」に最後は公園のシンボルとなる「巨大チューリップ」モニュメントなどなど・・・全部で20名ほどの子供たちがいろいろな提案をしてくれましたが、一部だけのご紹介となってしまい申し訳ありません。

子供たちならではの‘目線’で考える公園。“あり!”でしょ。いかが?