トップ > 各課のページ > 企画財政課 > 平成30年住宅・土地統計調査にご協力をお願いします

平成30年住宅・土地統計調査にご協力をお願いします

住宅・土地統計調査は、昭和23年から5年ごとに行われ、今回は15回目の調査に当たります。

この調査は、住生活に関する最も基本的で重要な調査で、全国約370万世帯を対象とした大規模な調査です。調査項目は、家族構成や居住年数など世帯に関することや、住まわれている住宅や所有している土地など住宅と土地に関することなどとなっており、調査の結果は、国や地方公共団体における「住生活基本計画」の成果指標の設定、耐震や防災を中心とした都市計画の策定、空き家対策条例の制定などに幅広く利用されています。

調査対象

湧別町では11調査単位区、187世帯が調査の対象となります。対象となる地区は次のとおりです。
曙町、錦町、川西、登栄床、上芭露、中湧別東町、中湧別中町、北兵村一区、上湧別屯田市街地、開盛
※それぞれの地区で「調査単位区」となっているのは、全区域ではなく一部の区画です。

調査方法

調査員が8月下旬以降に対象となる調査区内の全世帯へ「調査のお知らせ」を配布します。調査対象となった世帯(1調査単位区あたり17世帯)には9月中旬に調査書類の配布に伺います。回答は、インターネットでの回答または配布する紙の調査票でご回答をお願いします。

なお、8月下旬から調査員が建物の外観の確認を行うほか、調査対象世帯以外の方や建物を管理されている方にお話を伺うこともありますので、ご協力をお願いします。

調査内容の保護

調査により集められた調査票の記入内容は、「統計法」により厳重に保護されていますので、調査関係者が調査で知りえた内容を他の目的で使用したり、他に漏らしたりするようなことは絶対にありませんので、安心してご回答くださいますようお願いします。

平成30年住宅・土地統計調査キャンペーンサイトこのリンクは別ウィンドウで開きます

お問い合わせ先

企画財政課調整係(TEL:01586-2-5863)

町政

▲このページの先頭へ