トップ > 各課のページ > ふるさと館JRY > 北海道指定史跡「シブノツナイ竪穴住居跡」の発掘調査報告会を開催します

北海道指定史跡「シブノツナイ竪穴住居跡」の発掘調査報告会を開催します

北海道指定史跡「シブノツナイ竪穴住居群」の調査報告会を開催します

 「シブノツナイ竪穴住居跡」は平成27~29年の間、北海道埋蔵文化財センターによって測量と発掘調査が行われ、いろいろな発見がありました。
 講師には実際に調査を担当された坂本尚史氏(北海道埋蔵文化財センター 主査)と、北見市常呂町で多くの竪穴住居跡の発掘経験がある熊木俊朗氏(東京大学大学院 准教授)のお二人をお招きします。
 シブノツナイ竪穴住居跡は、竪穴住居跡が500以上も確認できる道内有数の古代の大集落で、湧別が昔から魅力ある土地だったことを物語る貴重な遺跡です。その現状や位置づけについて、講師の方々からお話いただきます。少量ですが実際に調査で見つかった石器や土器などの解説も予定しており、湧別の古代のロマンを感じられる貴重な機会です。ぜひご参加ください。
【日時】11月16日(木曜日)18時30分~20時30分
【場所】湧別町文化センターさざ波 中会議室
【講師】坂本尚史(北海道埋蔵文化財センター)・ 熊木俊朗(東京大学大学院)
【参加料】無料です!
【申し込み】11月14日(火曜日)までに湧別町ふるさと館JRY・郷土館(01586-2-3000)にお申込みください。

お問い合わせ先

教育委員会生涯学習課
湧別町ふるさと館JRY・郷土館(01586-2-3000)

▲このページの先頭へ