トップ > 各課のページ > 保健福祉課 > ヘルプマーク・ヘルプカードを配付しています

ヘルプマーク・ヘルプカードを配付しています

 ヘルプマーク・ヘルプカードとは、外見からは配慮を必要としていることが分かりにくい方の意思表示を支援するためのものとして東京都が作成したもので、全国各地に取り組みが拡大されています。
 このたび、北海道においても導入が決定しガイドラインが定められましたので、湧別町でも配付を開始することとなりました。
 ヘルプマーク・ヘルプカードをお持ちの方を見かけた場合は、席を譲る・困っているようであれば声をかけるなど思いやりのある行動をお願いします。

1.ヘルプマークについて

 援助や配慮を必要としていることが外見からは分かりにくい方が持つことで、支援が必要であること・公共交通機関などにおける優先席の対象であることなどを周囲に知らせることができるストラップ型のマークです。 
 カード本体・吊り下げバンド・裏面貼付用シール・説明書の4点が1セットとなり、ストラップを利用してカバンなどにつけて使用します。
 ※使用の際はストラップがドアなどに挟まらないようご注意ください。

ヘルプマーク

◆配付対象
 

 義足や人工関節を使用している方
 身体障がい・精神障がい・知的障がい・発達障がい・内部障がいのある方
 難病の方
 妊娠初期の方
 などであって外見からは援助や配慮を必要としていることが分かりにくい方

◆配付方法
 
 下記の配付窓口において「ヘルプマーク配付申込書」に記載いただければ無料で配付します。
 
 ※配付は申込者1人につき1個となります。
 ※郵送での配付は行っておりません。
 ※障がい者手帳などの提示は必要ありませんが、配慮を必要とする理由などについて申込書に記入をお願いします。
 ※本人の代わりにご家族の方が配付を受けることもできます。

2.ヘルプカードについて

 障がいのある方などが持ち歩き、災害時や緊急時などに提示することで周囲の人に手助けを求めることができる「手助けが必要な人」と「手助けができる人」を結ぶカードです。
 あらかじめ、障がい名・病名や緊急連絡先および配慮してほしいことを記入しておき、支援が必要な場面で提示します。
 二つ折り・両面印刷で免許証サイズの大きさとなります。

ヘルプカード

◆配付対象
 
 周囲からの助けが必要な時にヘルプカードを利用したい方

◆配付方法
 
 申込書等は不要ですので、下記の配付窓口で申し出てください。無料で配付します。
 また、以下のワードファイルを印刷してお使いいただいてもけっこうです。
 
 ヘルプカード(るびなし)様式(北海道版)ワードファイル(301KB)
 ヘルプカード(るびあり)様式(北海道版)ワードファイル(334KB)

3.配付窓口について

 ■湧別庁舎:保健福祉課福祉係
 ■上湧別庁舎:住民税務課(総合窓口)
 ■中湧別出張所(文化センターTOM内)

4.問い合わせ先

 保健福祉課福祉係
 TEL:01586-5-3765(課直通)
 FAX:01586-5-2283(湧別庁舎共通)

▲このページの先頭へ