トップ > 各課のページ > まちづくり推進課 > まちづくり「わくわくワークショップ」報告会が開催されました

まちづくり「わくわくワークショップ」報告会が開催されました

 まちづくり「 わくわくワークショップ」の報告会が1月18日(金)文化センターTOMで開催されました。

 報告会では、昨年4月からスタートしている「人と自然が輝くオホーツクのまち」を目指した第1期湧別町総合計画の実現に向け、町民の皆さんに自由な発想でまちづくりを考えていただく機会として、昨年の9月と11月の2回に渡り開催したまちづくり「わくわくワークショップ」での議論内容のほか、ワークショップに協力いただいた北海道立総合研究機構の集落活性化研究会が「人口減少に対応した地域づくり」の研究のため本町で実施した現地調査の結果も併せて報告されました。

 今回の報告会では、集落活性化研究会が分析した本町の人口の予測や生活環境の変化などの将来の課題を整理し、本町の自然や産業などの魅力を生かしたまちづくりについて、グループごとに参加者の皆さんひとり一人が「自分たちにできることは何か」を念頭におきながら、町の将来に向け複数の視点から議論し意見や提案をまとめた内容の報告がされました。

 2日間という限られた短い時間での議論で、具体的な取り組みまでの話し合いはできませんでしたが、町民の皆さんが、町の将来における問題認識とまちづくりを考える時間を共有できたことは、町民の皆さんにまちづくりへの参加の輪が広がるきっかけとして大きな意味があるものと考えております。

 町では、今回のワークショップの成果をまちづくりの参考とさせていただくとともに、今後も町民の皆さんのまちづくりに対する意見交換の機会を積極的に設定し「自ら参加しみんなで築く協動のまちづくり」を推進していきたいと考えています。

【ワークショップ報告会資料】
全体まとめ資料PDFファイル(259KB)     グループまとめ資料PDFファイル(290KB)

お問い合わせ先

まちづくり推進課計画係(TEL:01586-2-5860)

▲このページの先頭へ