トップ > 各課のページ > まちづくり推進課 > 自治基本条例に関する町民講演会を開催しました

自治基本条例に関する町民講演会を開催しました

 3月22日(火)、午後7時から文化センター・TOMにおいて、地方自治や自治体学の分野がご専門の「北海学園大学・法学部教授、北海道大学・名誉教授 神原勝先生」をお招きして、「よい自治基本条例を制定するために」と題して、町民講演会を開催しました。
講演の中で神原先生は、地方分権改革、国や地方財政の悪化などの時代背景を説明したうえで、自治基本条例の考え方について分かりやすくご講演頂き、自治基本条例は「自治体を運営するためのルール」であり、新しい自治体になるために基本条例をつくる意義を語っておられました。
 この講演会には、議会議員、各委員会委員、自治会長をはじめ90名ほどの町民の皆さんに参加頂きました。ありがとうございました。

 また、この日の午後3時からは役場職員を対象に、「総合計画と自律自治体の形成」をテーマにご講演いただきました。講演中で神原先生は、栗山町が先進的に取り組んでいる「総合計画の策定と運用に関する条例」を例に、思い付きの事業展開や総合計画にない事業は予算化しないなど、総合計画を軸にした自治体経営(運営)の重要性を強調していました。
 現在、湧別町では平成24年度にスタートする「第1期総合計画」の策定作業に入っていますので、これからの作業や計画を推進するうえで、とても貴重な講演となりました。

お問い合わせ先

まちづくり推進課調整係(TEL:01586-2-5860)

▲このページの先頭へ