トップ > 各課のページ > 総務課 > 出水期に備えて確認しよう

出水期に備えて確認しよう

6~10月は集中豪雨や台風などで川が増水しやすい時期(出水期)です。いつ発生するか分からない水災害に備えるためにも、日頃から「自分・家庭・地域でできること」を確認しましょう。

(1)自分・家庭・地域でできること

1.正確な情報収集

 町の避難勧告等や避難所開設などの情報は、町の防災メール「サポートメール@防災ゆうべつ」、屋外スピーカー、広報車のほか、携帯電話事業者の緊急速報メール(エリアメール)、地上デジタルテレビ放送のデータ放送などを通じて提供されます。
 特に、町防災メール「サポートメール@防災ゆうべつ」は、気象警報や避難情報など緊急の防災情報を、パソコンや携帯電話の登録されたアドレスへ一斉に配信するサービスです。緊急時の情報入手手段の一つとして、ぜひ登録してください。
 詳しいサービス内容や登録方法は、町のホームページ「サポートメール@防災ゆうべつこのリンクは別ウィンドウで開きます」をご覧ください。
 そのほかの機関が提供している様々な防災気象情報が、町ホームページ「防災情報このリンクは別ウィンドウで開きます」の関連サイトリンク集からご覧になれます。

2.避難情報を正しく理解

 災害時または災害が発生するおそれがある時に、町から必要と認める地域の居住者、滞在者その他の者等へ「避難準備・高齢者等避難開始」、「避難勧告」、「避難指示(緊急)」を発令する場合があります。
 「自らの身を守る」ために、これらの違いをあらかじめ理解しておきましょう。
 なお、避難勧告などは町民の命を守るために避難を促しているもので、法的な強制力は伴っていませんが、人的被害の可能性は、「避難準備・高齢者等避難開始」→「避難勧告」→「避難指示(緊急)」の順に高くなります。
 ただし、これらの避難情報が発令されていない場合でも、身の危険を感じたときは迷わずに避難してください。

種類 強制力 発令の内容と基準
避難準備・高齢者等避難開始 ・避難の準備を呼びかけるものです。
・河川水位の上昇や気象状況などから判断して、人的被害の発生する可能性が高まり、避難が必要になると予想される場合に発令します。
・次に該当する方は、避難を開始してください。
 お年寄りの方、体の不自由な方、小さな子どもがいらっしゃる方など、避難に時間のかかる方とその避難を支援する方
 なお、避難場所への避難が困難な場合は、近くの安全な場所に避難してください。
・通常の避難行動ができる人は、気象情報に注意をはらい、避難の準備をし、危険だと思ったら早めに避難をしてください。
避難勧告 ・避難を勧めるものです。
・災害を認知し、今後の雨などの状況により、災害の拡大が予想され、人的被害の発生する危険性が明らかに高まった場合などに発令します。
・発令後は、速やかに避難を開始してください。外が危険な場合は、屋内の高いところに避難してください。
避難指示(緊急) ・避難を強く求めるものです。
・著しく危険が切迫し、人的被害の発生する危険性が非常に高く、緊急に避難を要すると認められるときに発令します。避難勧告よりも強制力が強いものです。
・発令後は、緊急に避難してください。外が危険な場合は、屋内の高いところに緊急に避難してください。

3.避難所の確認

 本町には、切迫した災害の危険から緊急に避難するため、災害の種類に応じた「指定緊急避難場所」と、一定期間滞在し、避難者の生活環境を確保するための「指定避難所」があります。
 「湧別町防災ハザードマップこのリンクは別ウィンドウで開きます」や町ホームページ防災情報の「避難場所・避難所このリンクは別ウィンドウで開きます」を参考に、家族で避難所と避難所までのルートを確認し、はぐれた場合の集合場所や緊急連絡先を決めておきましょう。
 また、夜間で見通しが悪いときなど、避難所への移動が危険な場合は、自宅や近隣の建物の高い所へ移動(垂直避難)するなど、周辺の災害状況に応じた安全確保に努めましょう。

4.自宅周辺の点検

 屋根・窓や庭など、飛散や破損、転倒するようなものがないか家の周辺を点検し、危険を及ぼすようなものは改善しておきましょう。家の前の側溝がごみや砂などで詰まっていないかの確認も重要です。

5.自宅での備え

 災害発生時、公的な支援物資はすぐに届かない場合があります。家庭で、緊急のときに持って逃げる「非常持出品」と災害後の生活を支える「非常備蓄品」に分けて、防災用品を準備しておきましょう。
 こちらの「わが家の防災用品チェックリストPDFファイル(206KB)このリンクは別ウィンドウで開きます」をご活用ください。

6.地域での備え

 大規模災害時には、公的な支援活動が制約され、行政支援が行き届かないことも予想されます。
 町では、災害時の初期段階において、自力での避難が困難な高齢者や障がい者など(要配慮者)の避難支援など、地域ぐるみの協力体制で防災活動を担う「自主防災組織このリンクは別ウィンドウで開きます」の育成・支援に取り組んでいます。
 災害時に一人でも多くの人が安全に避難できるよう、互いに助け合う「共助」の意識を高めておきましょう。 

 
 

(2)水害・ゲリラ豪雨から身を守るためには

1.「大雨警報」・「大雨特別警報」が発表されたら

 不要不急の外出は避けて、テレビやラジオ、インターネット、防災メールなどで、付近を流れる河川の水位情報、周辺や上流地域の雨量情報、気象予警報、洪水予警報、避難勧告などの情報に注意しましょう。
 また、普段から、住んでいる地域の河川が、降水量によってどのくらい変化するか把握しておきましょう。
 河川の水位情報は、国土交通省がインターネットや携帯電話などで提供する「川の防災情報」で確認することができます。あらかじめ水位観測所の位置や避難を判断するための目安となる水位を確認しておきましょう。

国土交通省「川の防災情報」URL
○パソコン版 http://www.river.go.jp/
○スマートフォン版 http://www.river.go.jp/s/
○携帯電話版 http://i.river.go.jp/

2.ゲリラ豪雨や台風がやってきたら

◎むやみに家から外に出ない
風で飛ばされたものが当たる、転倒する、増水に巻き込まれる、マンホールに転落するなどの危険があります。ゲリラ豪雨のように、急激な増水の場合は、外を歩くより建物の2階以上へ移動するほうが安全です。
◎河川のそばからすぐに離れる
激しい雨が河川に流れ込むと、水かさが増します。小さい川は急激な増水と共に勢いを増しますので、速やかに離れましょう。
◎車が冠水したらすぐに脱出
水がドアの下4分の1から3分の1までくると、水圧でドアが開かなくなります。マフラーが水をかぶるとエンジンが停止して、車が動かなくなり、窓を開けることができなくなることもあります。濁流に流されないように、早く脱出しましょう。

3.こんな場所にいるときは注意しましょう

 川は気軽に自然を体験したり、学ぶことができる水と緑豊かな親しみやすい公共空間です。しかしその反面、急な増水などの大変怖い空間に突如変ることもあります。
 遊んでいる場所では晴れていたり、雨が少ない場合であっても、上流で大雨が降ると急に増水することがあります。
 加えて、上流にダムがある河川では、大雨でダムに貯まる水が増えた時やこれから増えていくことが予想される場合は、ダムから水を放流するため、非常に危険な川に様変わりします。
 川をよく知り、天気や川の水位などに十分注意し、安全な河川利用を心がけてください。
 また、低地や道路のアンダーパスなど水のたまりやすい場所では、局地的大雨や集中豪雨によって冠水が引き起こされ、自動車の走行不能や水没などの被害が起きる危険性がありますので、十分注意が必要です。
・川などでの釣りや遊び
・河原でのキャンプやバーベキュー
・地下街やアンダーパス

お問い合わせ先

総務課防災係(TEL:01586-2-2112)

▲このページの先頭へ