トップ > くらしの情報 > 防災・防犯・交通安全 > 防災情報 > 冬季の災害を未然に防ぐために

冬季の災害を未然に防ぐために

 冬季は暴風雪などにより、晴天から悪天へ天候が急変しますので、気象情報に注意し、暴風雪等が予想されているときの無理な外出は避けるとともに、テレビやラジオに加え、携帯電話やインターネットを使って最新の防災情報を入手し、慎重な行動を心掛けましょう。

【備え その1】 家の中で 安全に過ごすためには

備えその1のイメージ 1.気象情報に注意して、暴風雪が予想されるときは、外出を避けましょう。
2.停電に備えて懐中電灯、携帯ラジオの準備をしておきましょう。
3.外出できない場合に備えて、食糧や飲料水などを確保(備蓄)しておきましょう。
4.FF式暖房機の給排気口付近の除雪状況を確認しておきましょう。

【備え その2】 やむを得ず 車で外出するときは

備えその2のイメージ 1.携帯電話でも道路情報を得ることができますが、電波状況が悪い地域もあるため、
 携帯電話を過信せず、道路状況に応じた無理のない運転を心掛けましょう。
2.冬季は天候が急変し、車が立ち往生する可能性もありますので、防寒着、カイロ、
 長靴、手袋、スコップ、けん引ロープなどを車に用意しましょう。
3.車に燃料が十分あることを事前に確認し、非常時に備え、飲料水や非常食を持参する
 ようにしましょう。
4.地吹雪などにより、運転をしていて危険を感じたら、無理をせずに『道の駅』、
 『ガソリンスタンド』、『コンビニエンスストア』などで天候の回復を待ちましょう。

【備え その3】 もしも吹雪で 車が動けなくなったときは

備えその3のイメージ 1.大雪や吹きだまりなどで車が立ち往生した時は、ロードサービス(JAF 0570-00-
 8139、短縮ダイヤル#8139)や近くの人家などに救助を依頼しましょう。
2.避難できる場所や救助を求められる人家がない場合は、消防(119番)や警察(110番)
 に連絡し、車の中で救助に備えてください。
3.車が雪に埋まったときは、エンジンを切りましょう。やむを得ずエンジンをかけるときは、
 排気ガスによる一酸化炭素中毒を防ぐため、マフラーが雪に埋らないように定期的に
 除雪を行いましょう。
 ※窓を開けていても、開口量や風向きにより、排気ガスが逆流し、一酸化炭素中毒の危
 険が高まることがあります。
4.
を置いて避難する場合には、除雪や救助活動の妨げとならないよう、連絡先を書いた
 メモなどを車内に置き、車の鍵は付けたままにしておきましょう。

【おススメ!】湧別町防災メールは登録無料

 湧別町では、気象庁が発表する気象警報や災害時に町が発表する避難情報や避難所情報、暴風雪時の通行止め情報などを町防災メール『サポートメール@防災ゆうべつ』でお知らせしています。
 登録が済んでいない方は、災害に備えて、ぜひメールの登録(無料)をお願いします。登録方法やサービスの詳細は町ホームページをご覧ください。

関連資料

お問い合わせ先

総務課防災係(TEL:01586-2-2112)

くらし

▲このページの先頭へ