トップ > くらしの情報 > 防災・防犯・交通安全 > 防災情報 > 除雪による事故から身をまもりましょう

除雪による事故から身をまもりましょう

毎年、屋根からの転落や落雪による事故が多く発生しています。道内の雪に関する死傷者の9割以上は除雪に関係した事故です。
それらの事故は、ちょっとした注意で防ぐことができます。どんな時が危ないのか、しっかり知って、安全な冬を過ごしましょう。

除雪のこんなときが危険!

危険その1 屋根から落ちる 屋根に上がって雪下ろしや雪庇落としをしているときに、バランスを崩して転落
危険その2 屋根からの落雪 軒先にできた雪庇やつららを落としているときに、頭に屋根からの雪のかたまりが落下
危険その3 はしごから落ちる はしごを上り下りしているときに、転落し強打
危険その4 作業中の急な発作 早朝の気温が低いときなど、除雪作業中の心臓発作
危険その5 除雪機の操作ミス エンジンをかけたまま、詰まった雪を取り除こうとして手を挟まれ大けが
危険その6 滑って転ぶ 玄関前の階段やスロープで滑って転倒し骨折
危険その7 融雪槽や川へ転落 融雪槽や川に雪を投げ捨てようとして、誤って転落
危険その8 交通事故 車庫前や車道付近の除雪中に雪山のかげから出てきた車と衝突、バックしてきた除雪車にひかれる

除雪による事故を防ぐチェックポイント

雪かきイメージ (1)雪かきをするとき
 ☐ 準備運動と整理運動をしっかりと
 ☐ 滑りにくい防寒靴など服装は万全に
 ☐ 腕の力だけに頼らず体全体を使う
 ☐ 雪を投げ出すときは体をひねりすぎない
 ☐ 無理をせずマイペースで
 ☐ 事故に備え2人以上で作業
 ☐ 屋根からの落雪など周囲の状況を十分把握
除雪機イメージ (2)除雪機を使うとき
 ☐ 周りのひとに注意
 ☐ 雪詰まりはエンジンを停止してから雪かき棒で
 ☐ 後進するときは特に注意
 ☐ エンジンをかけたまま離れない
屋根の雪下ろしイメージ (3)屋根の雪下ろしをするとき
 ☐ 低い屋根でも油断は禁物
 ☐ ヘルメット、命綱、安全帯などの装備は万全に
 ☐ アンカーをしっかり固定し命綱を忘れずに
 ☐ はしごは横ずれしないように真っ直ぐ立て支えてもらう
 ☐ 屋根の下に人がいないことを確認
 ☐ 屋根に10cm程度の雪を残し屋根素材を露出させない
yukikaki.jp 【参考】ウインターライフ推進協議会 除雪事故防止啓発サイト「除雪のコツ教えます」

お問い合わせ先

総務課防災係(TEL:01586-2-2112)

くらし

▲このページの先頭へ