トップ > くらしの情報 > 防災・防犯・交通安全 > 防災情報 > 覚えておきたい災害時の連絡手段

覚えておきたい災害時の連絡手段

 大規模災害時においては、家族の安否を確認するための通話などが集中するため、電話はつながりにくくなります。こうした状況でも、家族の安否確認を行うための方法等を紹介しますので、もしもに備えてぜひ覚えておきましょう。

災害用伝言ダイヤル『171』(いない)

 災害用伝言ダイヤルは、大規模な災害の発生時に、電話が殺到してつながりにくくなった場合でも、被災地の方が、加入電話、ISDN、公衆電話等から自宅の電話番号宛てに安否情報(伝言)を音声で録音(登録)し、全国から伝言を確認できるNTTのサービスです。

●伝言の録音:被災者は、「171+1+自宅の電話番号」で安否を録音

●伝言の再生:伝言を聞くときは、「171+2+被災者の自宅の電話番号」で再生

NTT東日本「災害用伝言ダイヤル171」WEBサイト

災害用伝言板『web171』

 災害用伝言板(web171)は、大規模な災害の発生時に、被災地への通信が増加し、つながりにくい状況になった場合に、NTT東日本より提供が開始されるインターネット上の伝言板です。パソコンからは音声、画像、テキストの登録・閲覧ができ、携帯電話からはテキストを登録・閲覧できます。

NTT東日本「災害用ブロードバンド伝言板web171」WEBサイト

携帯電話の災害用伝言板サービス

 災害用伝言板は、大規模な災害の発生時に携帯電話やスマートフォンを利用して、被災者の安否を『文字』で確認できる携帯電話各社の無料サービスです。
 携帯電話各社のトップページから「災害用伝言板」を選択して、100文字までのコメントを入力することができます。

▲このページの先頭へ