トップ > くらしの情報 > 保健・医療・福祉 > 介護 > 介護予防・日常生活支援総合事業について

介護予防・日常生活支援総合事業について

介護予防・日常生活支援総合事業

 国においては、今後、ひとり暮らし高齢者世帯、高齢者夫婦のみの世帯、認知症高齢者が増加していくことが予想されており、高齢者が住み慣れた地域で生活を続けられるよう、地域包括ケアシステムの構築の実現を目指しています。
 湧別町では、地域包括ケアシステムを進めるために平成28年3月から「介護予防・日常生活支援総合事業」を開始しております。
 詳しくは、『介護予防・日常生活支援総合事業について』を御覧ください。

事業者の指定等の手続きについて(介護予防・生活支援サービス事業)

 介護予防・日常生活支援総合事業のメニューのひとつの『介護予防・生活支援サービス事業』については、要支援1・2に認定された方、またはチェックリスト該当者が対象となります。
 湧別町では、介護予防訪問介護相当サービス、介護予防通所介護相当サービス及び緩和した基準による通所型サービス(生きがい対応型デイサービス)の事業を行っております。
 介護予防訪問介護相当サービス、介護予防通所介護相当サービスを行う事業所は町からの指定が必要となります。
 なお、「みなし指定」を受けている事業所については、指定申請は必要ありません。(みなし指定有効期間は、平成30年3月31日までの指定となっています。更新する事業所については、湧別町に更新申請が必要となります。)

☆指定申請等に関する届出に関する様式 
☆体制等に関する届出に関する様式
☆サービスコード及び単位数マスタ関係
☆介護予防サービス計画作成・介護予防ケアマネジメント依頼届出書

地域支援事業

 老人クラブ訪問事業、生活機能評価による特定高齢者の把握事業、介護予防事業、歩行補助車助成事業などの支援をいたします。

▲このページの先頭へ