トップ > くらしの情報 > 保健・医療・福祉 > 医療給付 > ひとり親家庭等医療費助成制度

ひとり親家庭等医療費助成制度

 ひとり親家庭等の子または母および父に対し医療費の一部を助成することによって保健の向上に資すると共に福祉の増進を図ります。

助成対象者

・18歳に達した年度末までの子又は親に扶養されている20歳未満の子(学生等)
・ひとり親家庭等の母又は父
※主たる生計維持者の前年の所得が次の限度額未満の方

扶養親族等の数 所得の限度額
0人 2,360,000円
1人 2,740,000円
2人 3,120,000円
3人 3,500,000円
4人 3,880,000円
5人 4,260,000円

助成の範囲

入院、通院、調剤、訪問看護、補装具等の費用
※食事療養費標準負担額、生活療養標準負担額および訪問看護基本利用料、保険外の費用を除く。

医療費の自己負担額

区分 自己負担額
(平成29年7月まで)
自己負担額
(平成29年8月から)
3歳未満児 なし なし
3歳以上 非課税世帯
課税世帯 医療費の1割負担
【月額の上限額】
・通院 12,000円
・入院 44,400円
医療費の1割負担
【月額の上限額】
・通院 14,000円
・入院 57,600円(過去12ヶ月月間に3回以上世帯単位における高額療養費の支給に該当し、4回目以降の支給の場合は44,000円)
【通院の年額上限額(8月~翌7月)】
・144,000円

助成を受けるには

 医療費の助成を受けるには、ひとり親家庭等医療費受給者証の交付を受ける必要があります。次の必要なものをお持ちのうえ役場湧別庁舎保健福祉課へ申し出ください。
<手続きに必要なもの>
・健康保険証
・印鑑
・児童扶養手当証書、遺族年金証書、戸籍謄本など、ひとり親家庭等であることを証明できる書類
・お子さんが18歳~20歳の場合は、母子または父子の扶養関係を明らかにできる書類(在学証明書など)
※転入された方は所得・課税証明書(所得額、控除額、扶養人数および市町村民税額の記載のあるもの)または源泉徴収票、市町村民税特別徴収額通知書、確定申告書の写しなど、所得額等が分かる書類が必要です。

受給者証

 対象者には受給者証を交付します。病院等では保険証と一緒に窓口にお出しください。
 次に当てはまる場合は、記載内容の変更をする必要、返却の必要がありますので、必ず受給者証をお持ちのうえ担当まで届け出てください。
<届出が必要な場合>
・住所、氏名が変わったとき
・加入している健康保険が変わったとき
・町外へ転出するとき
・受給者が死亡したとき
・母親または父親の結婚、養子縁組などがあったとき

お問い合わせ先

湧別庁舎保健福祉課(TEL:01586-5-3765)

▲このページの先頭へ