トップ > くらしの情報 > 生活・環境 > ごみ・リサイクル > 町で処分できないごみ

町で処分できないごみ

家電リサイクル製品、有毒性・危険性のある特殊ごみ、産業廃棄物については、町では収集も処分も行いません。専門の業者に問い合わせをして処理してもらってください。

町で処分できないごみの種類
区分 対象商品
家電リサイクル製品 冷蔵庫・冷凍庫
洗濯機・乾燥機
テレビ
エアコン
特殊なごみ バッテリー・ガソリン・灯油・廃油
消火器
薬品・農薬
ペンキ・シンナー
オートバイ
プロパンガスボンベ
タイヤ
産業廃棄物
(事業活動に伴った生じた廃棄物で、
法律で定められたもの)
1. 繊維くず
2. 廃プラスチック類
3. 紙くず
4. 木くず
5. 燃え殻
6. 動植物性残渣
7. ゴムくず
8. 金属くず
9. ガラス・陶磁器くず
10. 鉱さい
11. ばいじん
12. がれき類
13. 動物のふん尿
14. 動物の死体
15. 廃酸
16. 廃アルカリ
17. 廃油
18. 汚泥
19. 産業廃棄物を処理したもの
20. 輸入された廃棄物

【処分先】町で処理できないごみを投棄する際には、専門の処理業者に直接依頼をして処理してもらってください。その際の処理費用に係る自己負担が必要です。

町で処分できないごみの処分方法
区分 対象商品の種類 処理方法
家電リサイクル 冷蔵・冷凍庫、洗濯・乾燥機、テレビ、エアコン 製品を購入した家電小売店または同じ種類の製品を買おうとしている家電小売店にお問い合わせください。
特殊なごみ バッテリー・ガソリン・灯油・廃油 石油スタンドへお問い合わせください。
消火器 販売店へお問い合わせください。
薬品・農薬 販売店へお問い合わせください。
ペンキ・シンナー 販売店へお問い合わせください。
オートバイ 販売店へお問い合わせください。
プロパンガスボンベ 販売店へお問い合わせください。
タイヤ 販売店へお問い合わせください。
その他 パソコン 平成15年10月1日より資源有効利用促進法により、パソコン(本体、モニター、ノート型、デスクトップ型は問いません)もゴミとして出すことができません。詳しくは、こちらをご覧ください。有料で販売店(パソコンはメーカー)に引き取ってもらい、リサイクルに回すことになります。

▲このページの先頭へ