トップ > くらしの情報 > 生活・環境 > 届出・証明 > 結婚したとき

結婚したとき

婚姻届

概要

■届出期間
期間の定めはありません。(届出により法律上の効力が発生します。)
■届出人
夫になる人および妻になる人です。婚姻届にそれぞれ署名・押印をしてください。
■要件
・夫は18歳、妻は16歳に達していること
・夫、妻とも配偶者がないこと
・妻が再婚の場合、前婚姻を解消した日から100日を経過していること
・近親者(直系血族または三親等内の傍系血族相互間)の婚姻でないこと

必要なもの

・届出人の本人確認書類※本人確認書類の種類
・婚姻届書(届書証人欄に成年者2名の署名・押印)
・届出人の印鑑(届出書に押したもの)
・夫、妻の戸籍の全部事項証明(謄本)(本籍地の市区町村へ届出の場合は不要)
・父母の同意書(未成年者が婚姻する場合のみ)
・国民健康保険被保険者証(加入者のみ)
・国民年金手帳(加入者のみ)

※届出人の本人確認のため身分証明書の提示が必要となります。

関連手続き

【婚姻により姓が変わる方】印鑑登録の再登録、通知カード・マイナンバーカードの記載
【婚姻届と一緒に住所の変更をする場合】転居届、転入届、転出届

届出先

上湧別庁舎窓口・湧別庁舎窓口・中湧別出張所(平日の午前8時30分から午後5時15分まで)
※土曜日、日曜日、祝日、12月30日、翌年1月3日、1月4日の休業日は、中湧別出張所で届出できます。(午前8時30分から正午、午後1時から午後5時15分)

お問い合わせ先

上湧別庁舎住民税務課戸籍住民係(TEL:01586-2-5863)
湧別庁舎まちづくり推進課住民係(TEL:01586-5-3761)

くらし

▲このページの先頭へ