トップ > 観光情報 > 特産品案内 > 味覚 ~ 海の幸・山の幸・乳製品・牛肉

味覚 ~ 海の幸・山の幸・乳製品・牛肉

オホーツク海の新鮮な海の幸

湧別町は、オホーツク海沿岸の中央部に位置しています。
北海道最大のサロマ湖に面して、オホーツク海の豊かな海産物が自慢です。

オホーツクの毛ガニ・ホタテ・殻付きカキ貝・サロマ湖のホタテ、ホッカイシマエビ、湧別原野の乳製品・野菜・果物なども湧別町で味わうことができます。
写真

海の幸

ホッカイシマエビ

道東の数ヶ所でしかとれない貴重なホッカイシマエビ。
漁師がとる量を制限しており、短い夏の期間しか水揚げが出来ないホッカイシマエビは、高価な食材として有名です。
煮てからすぐにおいしさを逃さないよう冷凍保存します。
贈り物などに大変喜ばれています。
写真

ホタテ

オホーツク海産のホタテは栄養素が豊富です。
6月に産卵し、翌年の5月頃までサロマ湖内で漁師によって育てられ、オホーツク海に放流されます。
オホーツクのホタテは、流氷によって運ばれるプランクトンや海流の違いにより美味しくなると言われています。
写真

殻付きカキ貝

殻付きカキ貝は、10月中旬まで育ったものを1年カキ、翌年の10月まで育ったものを2年カキといいます。
1年カキは小ぶりですが甘くて美味しく、2年カキは1粒1粒が大きく食べ応えがあります。
サロマ湖の殻付きカキ貝は、殻をむいて生食するより、蒸しガキにするのが定番です。
写真

毛ガニ

北海道で毛ガニといえばオホーツク産です。
毎年押し寄せる流氷がもたらす莫大な栄養分を餌として育ち、丸々と大きく育っています。
栄養分が豊富ですから、身入りも大変良く、風味も豊かなのが湧別の毛ガニです。
写真

乳製品牛肉

こだわりの酪農が生んだ特産品

湧別町の酪農家はおいしい牛乳と牛肉を生産できる環境と衛生安全管理にこだわった酪農を営み、生乳を原料とした牛乳、チーズ、アイスクリームなど乳製品と牛肉を数多く生産しています。
写真

山の幸

野菜

オホーツクの大地でなるべく農薬を使わないで長い間土作りをしてきた農家さんのこだわり野菜。
たまねぎをはじめ、かぼちゃ・ジャガイモ・とうきび・アスパラなど安全食材の旨み、甘み、新鮮さをぜひ味わってみてください。
写真

リンゴ

湧別は日本最北のりんごの産地です。夏と冬の寒暖の差が、甘くて美味しいりんごを育んでいます。
遠軽へ通じる国道242号線の道路脇にはリンゴ並木が見られます。
写真

観光

▲このページの先頭へ