トップ > まちの話題 > 2015年 > 2015年4月

2015年4月

4月29日 玉ねぎの植え付け作業が始まっています

玉ねぎの植付作業が始まり、町内の玉ねぎ畑では、家族総出でビニールハウスで育てられた苗を移植機で植える作業が進められています。秋の収穫が楽しみですね。

▲このページの先頭へ

4月29日 ファミリー愛ランドYOUがオープンしました!

4月29日(水)にファミリー愛ランドYOUがオープンしました。
晴天に恵まれたオープン初日は、チューピットも応援に駆けつけ、春を待ちわびた家族連れで賑わいました。
ファミリー愛ランドYOUは、10月12日まで営業しますので、ぜひお越しください。

▲このページの先頭へ

4月23日 生きがい大学の開講式が行われました

4月23日(木)、文化センターさざ波において、生きがい大学の開講式が実施され、75名の学生が参加されました。通常の学校でいう入学式・始業式にあたるこの開講式では、牧野学長(教育長)、嘉藤副町長の他、受講生を代表して井上会長より挨拶がありました。開講式終了後は、受講生による自治会の総会も実施され、今年度の活動計画などの内容について話し合いが行われました。生きがい大学生の皆さん、本年も元気で1年間頑張って下さい!!

▲このページの先頭へ

4月22日 寿学級の開級式が開催されました

4月22日(水)午前10時より、文化センターTOMにおいて、寿学級の開級式が開催されました。この日は102人の学級生が出席、今年新たに入級した8人の学級生と、中等部進級者(6年生)6人、高等部進級者(11年生)7人に、寿学級牧野学長より記念のバッチが授与されました。午後からは総会が開かれ、今年1年間の活動や予算について話し合い、新しい役員も決まり、今年1年の学習活動がスタートしました。寿学級は60歳以上であればどなたでも随時入級可能です。ぜひ、一緒に活動してみませんか。

▲このページの先頭へ

4月21日 春の火災予防運動がはじまりました

4月20日から30日までを運動期間として、春の火災予防運動が全道一斉に始まりました。運動初日の20日、湧別体育館前では湧別分団と芭露分団の合同で街頭啓発が行われ、女性消防団や町内各事業所が火災予防思想普及と火災の未然防止を呼びかけました。

▲このページの先頭へ

4月17日 芭露地区に喫茶室がオープン!

4月16日(木)、サポートセンター・ばろう内の地域交流スペースに喫茶室がオープンしました。この喫茶室は、毎週木曜日の午後2時から4時までの2時間、地域住民がお茶やコーヒーを飲みながら、おしゃべりやゲームを楽しみ交流する目的で開設されたもので、芭露地域6自治会で構成する「サポートセンター・ばろう協力会」が社会福祉協議会や福祉会の支援を受けて運営しています。オープン初日となったこの日は、20名余りの地域の方々が喫茶室を訪れました。

▲このページの先頭へ

4月8日 入学式が行われました

 4月6日(月)~8日(水)にかけて町内の各小中学校、高校で入学式が行われました。期待と不安を胸に、これから過ごす学校にやってきた新入生たち。きっと、これから楽しい学校生活が待ってます。毎日元気に登校してください。

▲このページの先頭へ

2015年4月