トップ > まちの話題 > 2015年 > 2015年2月

2015年2月

2月24日 「初めてのトライ!!」~チャレンジスポーツスクール~

 2月21日(土)、湧別総合体育館で第10回目となる「チャレンジスポーツスクール」が開催されました。
 今回挑戦するスポーツは「タグラグビー」。腰に巻いたベルトにタグを付け、タグを取られたらボールを離さなければならない、いわゆるタックルのないラグビーです。

 この日は、遠軽ラグビースクールから講師の方々を招き、タグの取り方やパスの仕方などの指導を受け、最後にはチーム対抗戦を行いました。「後ろにパスを出さなければいけない」という、ラグビーでは一番基本となるルール。しかし、低学年にはこれがなかなか難しいのです。それでも、参加した児童たちは、人生初のトライを決めるため体育館中を走り回り、汗だくになりながらも楽しい一日を過ごしました。

▲このページの先頭へ

2月23日 友好都市カナダ ホワイトコート町スノーモービル国際大会の視察を終え、帰町しました。

 町の海外研修事業を利用し、ホワイトコート町で開催されたスノーモービル国際大会の視察研修を行った横幕廣志さん(中湧別北町)が、このぼど8日間の研修を終え、町長へ帰町報告のため役場を訪れてくれました。

 世界6カ国から多数の愛好家が参加し、5日間にわたりさまざまなイベントが開催された国際大会。日本からは在カナダ日本国大使館、在カルガリー日本国総領事館、スノーモービルメーカーであるヤマハが「チーム日本」として参加、湧別町からも横幕さんご夫妻がチーム日本に加わり、湧別町をPRしていただきました。横幕さんは「友好都市であるホワイトコート町長の温かいおもてなしや、アルバータ州議会議員ヴァンダーバーグ氏(元ホワイトコート町長)と15年ぶりの再会も果たし、世界各国のライダーやホワイトコート町の皆さんと交流ができ大変素晴らしい経験ができた。わが町でもこのような大会が開催できれば」と話していました。

▲このページの先頭へ

2月19日 相互交流事業 中高生ニュージーランド派遣の帰町報告会が行われました。

 2月19日(木)、ニュージーランド派遣帰町報告会が開催され、事業に参加していた中学生7名が派遣の報告をしてくれました。
 派遣者はそれぞれのニュージーランドでの思い出を英語で、派遣の感想を日本語で発表しました。大きな成果は英語の聞き取りが出来るようになったこと、コミュニケーション力のアップとの報告どおり、皆さんとても積極的になったように感じました。2週間という短い滞在ではありましたが得るものが多い研修だったようです。

▲このページの先頭へ

2月16日 相互交流事業 中高生ニュージーランド派遣団が帰町しました!

 1月31日から相互交流事業でニュージーランド・ダーフィールドハイスクールを訪問していた中高生7人、引率者2人の9人が2月13日に帰町しました。
 悪天候により東京からの飛行機の運行が危ぶまれましたが、なんとか無事に帰ってくることができました。最終日はクライストチャーチからオークランドを経由して、飛行機を3便乗り継ぎ約24時間の移動だったため、多少疲れ気味の様子でしたが、湧別町に着いたときには家族や学校の先生、友だちの出迎えを受け、みんな嬉しそうにしていました。
 今年もニュージーランドで充実した研修をしてきたようでした。

▲このページの先頭へ

2月9日 子どもは風の子元気っこ!!~第2回子ども雪中ドッジボール大会開催~

 2月7日(土)に町上湧別青年団体協議会主催による子ども雪中王様ドッジボール大会をふるさと館JRY横の特設会場にて8チーム65名を集めて行われました。
 この大会は、北海道の厳しい冬も子どもたちには最高の季節ということで、「冬ならではの遊びを思いっきり楽しみ、心も体もホカホカ、ぽかぽか元気になろう!」という趣旨で行われ、 冬晴れの空の下、子どもたちは体育館の中とは違う条件に戸惑いながらも元気いっぱいにドッジボールを楽しんでいました。

【大会結果は下記のとおりです】
 優 勝:湧別ミニバス男子
 準優勝:屯市北区子ども会Bチーム
 第3位:東町子ども会A
 第4位:屯市南区子ども会

▲このページの先頭へ

2月8日 銀盤にあふれる笑顔と歓声~第45回湧別町スケート大会~

 第45回湧別町スケート大会が2月8日(日)に芭露スケートリンクで開かれ、町内保育所・小中学校児童生徒の他に、佐呂間町若佐小学校、遠軽町瀬戸小学校の児童生徒ら100名が好記録を目指して、滑りを競い合いました。
 学年ごとに50mから500mの距離別に分かれて競い合ったほか、4人1組になり600mリレーなどが行われました。慣れないスケートに転びながらも懸命にゴールを目指す児童や記録を更新しようと力強く滑る児童達に、応援に駆けつけた父母からは大きな声援が送られていました。
 その他にもリンクに飛び込み滑った距離を競う「人間ダイビング」や「チョコレート拾い」なども行われ銀盤には笑顔と歓声があふれ、楽しく冬の一日を過ごしました。

▲このページの先頭へ

2月1日 相互交流事業 中高生ニュージーランド派遣団が出発しました!

相互交流事業の参加者7人と引率者2人が元気にニュージーランドに向け出発しました。

悪天候のため、出発予定日の欠航に備え、前日に出発となるハプニングがありましたが、全員元気に飛び立って行きました。中学生7人は不安の中にも期待を胸にワクワクとした表情でした。今まで学んできたことを基にたくさんの経験を積み、新しいことを目いっぱい吸収してきてくれることと期待しています。たくさんの新しい友だちを作り、有意義な時間を過ごしてきてください!

▲このページの先頭へ

2015年2月