トップ > まちの話題 > 2015年 > 2015年1月

2015年1月

1月26日 湧別町新春交歓カルタ大会を行いました

1月25日(日)に上湧別農村環境改善センターにおいて、14チーム44名を集めて湧別町新春交歓カルタ大会を行いました。

小学校低学年の部、高学年の部、中学生以上を一般の部として3部門に分けて行い、最後の最後までもつれる接戦の試合もあれば、大差のつく試合もあったりと様々な試合が展開されましたが、どのチームも一枚一枚集中しながら、時には笑いもあったりと大変盛り上がった大会となりました。

今年も11月から始まった百人一首教室から今回の大会までの3カ月もの間、ご指導いただきました実行委員会の皆様にはお忙しい中、大変お世話になりました。ありがとうございました。



《大会の結果は下記のとおりです。》(※敬称略)
・成績上位チームのみ掲載
○小学校低学年の部
優勝:大西チーム(大西凛、増田鈴、菊地夏緒(以上、湧小3年))
準優勝:NMSチーム(根子藤伍(中小3年)、三品結愛(上小3年)、関口桜子(上小3年))
第3位:中小チーム(柴田美希(中小2年)、丹羽めぐ(中小1年)、上家杏奈(上小1年))

○小学校高学年の部
優勝:チーム上小(紺野莉子(上小6年)、三品初菜(上小6年)、紺野彪磨(上小5年))
準優勝:富美A(千葉亜月(富小6年)、高谷佑月(富小5年)、今井彩日(富小4年))
第3位:EUS(榎有砂(上小6年)、坂本優奈(上小5年)、上原麻央(中小3年))
第3位:6年生軍団(根子拓也(中小6年)、宮嶋優彩(上小6年)、池田亜月(上小6年))

○一般の部
優勝:上中チーム(大甕早稀、平野郁実、高谷千尋(以上、上中1年))
準優勝:チーム根子(根子敏男、根子裕美子、山崎秀則)
第3位:富美レジェンド(竹内皓大、村田憲幸、長谷川千晴、村上守、山田将大)

▲このページの先頭へ

1月26日 中学生リーダークラブE=Q∀L(イークアル)の企画会議を行いました~冬の子ども会リーダー研修会の企画会議~

1月24日(土)にふるさと館JRYの調理実習室において、冬の子ども会リーダー研修会の演習内容等の話し合いを行う企画会議を行いました。
3月26日~27日の1泊2日で実施予定の子ども会リーダー研修会は、町内の小学4年~5年生を対象に行われる研修会で、「イークアル」のメンバーは、参加する小学生が楽しく1泊2日の研修会を過ごせるようにレクリエーションなどの内容について話し合いを行っているものです。
今後は、企画会議を4回程度実施し、リーダー研修会のリハーサルとして1泊研修会も実施して本番のリーダー研修を迎える予定です。

▲このページの先頭へ

1月23日 相互交流事業 中高生ニュージーランド派遣団の出発式が行われました!

2月1日(日)からニュージーランドを訪問する中学生7名を激励するため、22日午後6時30分から出発式が行われました。
参加者は11月から事前研修で練習してきた英語での自己紹介やダンスを発表し、ニュージーランドで新しいことを学んでくる決意を新たにしていました。
2週間の研修では、色々なことに挑戦し、日本とは違う文化や生活などたくさんのことを学び、経験を積んできて欲しいと期待しています!

▲このページの先頭へ

1月14日 第5回小中学生ミュージカル体験事業発表会が行われました

1月12日(月)文化センターTOMにおいて、第5回小中学生ミュージカル体験事業発表会「日本昔話綾取り合戦」が開催されました。
25名の小中学生がプロの劇団員から冬休みの1週間ミュージカルのレッスンを受け、成果を発表したものです。
歌、踊り、せりふ、演技などいくつものレッスンを短期間でこなすのは難しいことでしたが、みんな一生懸命に練習に打ち込み、すばらしいミュージカルとなり、会場に集まった観客からは大きな拍手が送られました。

▲このページの先頭へ

1月13日 スピードスケート全道大会で見事優勝!

 桑原僚己さん(湖陵中学校3年生)が、1月10日から札幌市で開催された北海道スケート大会に出場し、500mの部で見事優勝(タイム42秒19)し、今月31日から長野市で開催される全国大会に出場することとなりました。桑原さんは1000mの部でも2位となり、全国大会での活躍が期待されます。
 1月13日(火)に、役場を訪れた桑原さんは、石田町長に全道大会の結果を報告し、「全国大会では40秒台を出して、表彰台の一番高いところにあがりたいです」と全国大会への意気込みを話していました。

▲このページの先頭へ

1月11日 新成人が笑顔で門出を迎えました!!~平成27年湧別町成人式~

1月11日(日)に文化センターさざ波において、69名の新成人を迎えて平成27年湧別町成人式を行いました。
13時30分より行われた式典では、成人者を代表して錦町の片岡涼弥さんが「自身に責任と自覚を持ってこれからを過ごしていきたい」と二十歳になった決意を述べました。
式典終了後は、交流会も行われ、いつまでの尽きない思い出話にそれぞれ笑顔を浮かべ、久しぶりに再会したお友達との話に盛り上がっていました。

▲このページの先頭へ

2015年1月