トップ > まちの話題 > 2015年 > 2015年7月

2015年7月

7月22日 活躍続く!湧別中学校の生徒たち

 中体連等での全道大会出場を目指し各地で熱戦が続く中、湧別中学校の生徒たちが活躍しています。
 7月18日(土)に厚岸町等で行われた全日本少年軟式野球北海道大会に出場した野球部に続き、中体連と国体北海道選考会での全道大会出場権を獲得した陸上部の生徒4名が教育長室を訪れました。
 生徒たちは、「全道の大舞台で自己ベスト更新を目指しがんばりたい」と力強く決意を述べました。
 全道大会は、7月28日から室蘭市入江運動公園陸上競技場を舞台に開催されます。

【出場種目】
110Mハードル    西村 優雅さん
100M、200M    大崎 寛太さん
1500M、3000M  藤本   竜さん
800M、1500M   鈴木 楓恋さん


写真向かって左から 鈴木さん、西村さん、藤本さん、大崎さん

▲このページの先頭へ

7月15日 自治会連合会が遠軽厚生病院に嘆願書を提出しました

 湧別町自治会連合会(小川征一会長)の役員が、7月15日(水)に遠軽厚生病院を訪れ、産婦人科の維持に関する嘆願書を提出しました。
 同病院の産婦人科の維持が困難な状況に、自治会連合会が自治会を通じて署名活動を実施し、住民の皆様にご署名いただいた署名簿(署名数5,952名)を持参し提出いたしました。
 対応いただいた木村副院長に小川会長は、「湧別町民の6割以上の方々の思いです。どうかよろしくお願いします。」と署名簿を手渡しました。

▲このページの先頭へ

7月12日 ゆうゆう商品券の販売について

 20%のプレミアムの付いた「ゆうゆう商品券」が、7月12日に発売されました。
 例年同様に販売時間前から並んで買い求める方もおりましたが、今回は、引換券が必要な世帯単位の販売としたことによって、初日に売り切れることはありませんでした。
 12日終了時現在で、1,930セット(1セットは、6千円分の商品券)が残っております。
昨日、購入できなかった方は、湧別町商工会本所と支所で、午前8時30分から午後5時まで販売しておりますので、ぜひお買い求めください。
売切れ次第終了となります。
 なお、購入に当っては、ゆうゆう商品券購入申込書(6月25日かわらばん差し込み)が必要ですので、あらかじめご用意願います。また、購入された方は、アンケートにご協力願います。

▲このページの先頭へ

7月11日 街路灯整備基本計画の住民説明会を開催しています

湧別町では、市街地区に設置されている街路灯の老朽化に伴い、LED照明への更新を計画しています。
街路灯整備基本計画案について、住民の皆さまにご説明し、ご意見をお伺いするため、住民説明会を町内7会場で開催することとし、7月11日(土)には計呂地地区で住民説明会を開催しました。
今後の日程は次のとおりですので、ぜひご参加ください。
【日時及び場所】 
・上芭露地区  7月16日(木)19時00分  上芭露地区公民館
・中湧別地区  7月17日(金)19時00分  文化センターTOM
・芭露地区    7月21日(火)18時30分  芭露畜産研修センター
・上湧別地区   7月22日(水)19時00分  上湧別コミュニティセンター
・湧別地区    7月24日(金)19時00分  文化センターさざ波
・登栄床地区   7月27日(月)18時00分  登栄床地区防災センター

▲このページの先頭へ

7月4日 第5回ふるさと講座「サロマ湖」が開催されました!!

 7月4日(土)に湧別漁業協同組合登栄床保管庫において、「サロマ湖」を題材に第5回ふるさと講座を行いました。
 町民有志で構成するふるさとから学ぶ会と教育委員会の共催で行われたこの講座は、「サロマ湖とはどんな湖か」の講義を受けた後、町内で漁業を営む小形卓矢さん、加茂谷広子さん、石垣誠一さんなどをパネリストに「百年後のサロマ湖を見据えて」と題し、次の世代へ伝える活動や植林活動、環境のバランスを保つことの重要性、観光資源などの可能性などが話し合われました。
 関係者を含め50名以上の参加者は、改めてサロマ湖が「お宝」であることを再発見していました。

▲このページの先頭へ

7月1日 松浦光明さん「藍綬褒章」を受章

 7月1日役場応接室にて石田町長より松浦光明さん(北兵村三区)に「藍綬褒章」が伝達されました。
松浦さんは昭和43年から現在に至るまで、各種統計調査の調査員に数多く従事されました。
このたびの受章はこうした永年にわたる公共の事務への尽力に対して授与されたものであります。
受章に対し、心よりお喜び申し上げます。

▲このページの先頭へ

2015年7月