トップ > まちの話題 > 2014年 > 2014年11月

2014年11月

11月26日 相互交流事業・交換留学事業 カナダ派遣の帰町報告会が行われました

 11月21日、文化センターTOMにおいて、カナダ派遣に参加していた中高生6人と、2ヵ月間の交換留学事業に参加していた留学生の研修成果を発表する報告会が開催されました。

 それぞれの参加者から楽しかったことを英語で発表してもらった後、派遣事業に参加した感想を日本語で話してもらいました。「言葉の壁があり、自分の思いを伝える難しさを味わった。」「始めはホームシックになり泣いたこともあった。」などの不安な気持ちもあったようですが、1週間をカナダのホストファミリーと一緒に過ごし、「色々な方法でコミュニケーションが取れ、繋がれることが分かった。」「ホストや友だちがたくさん話してくれたので、人見知りが良くなった。」など、成長した自分を感じられたようです。

 ハロウィンや高校へ通ったこと、アイスホッケーの試合観戦、スケートボード、プール、ショッピングなど楽しく、たくさんのことを経験したと報告してくれました。「もっと英語を勉強して、またカナダに行きたい。」との声がたくさんあり、是非この経験を将来の夢につなげて欲しいと思います

▲このページの先頭へ

11月25日 開盛ファイヤーズ(開盛子ども会)が優勝を飾る!!~遠軽ブロック子ども会スポーツ交流会「ミニバレー大会」~

 11月24日(月)に遠軽町総合体育館において、遠軽ブロック子ども会スポーツ交流会「ミニバレー大会」が遠軽町6チーム、佐呂間町2チーム、湧別町6チームの計14チームを集めて行われました。

 10月5日に行われた町内子ども会ミニバレー大会での成績上位6チームが参加し、予選リーグから手に汗握る熱戦を繰り広げ、屯市北区子ども会、南兵村子ども会、開盛ファイヤーズの3チームが決勝トーナメントへと駒を進め、予選リーグから決勝トーナメントまで一つのセットも落とさず他を圧倒した開盛ファイヤーズが見事優勝を飾りました。

【大会の結果】
 〔優勝〕開盛ファイヤーズ(湧別町)
 〔準優勝〕丸瀬布ミッタンズ(遠軽町)
 〔第3位〕南兵村子ども会(湧別町)、ぱんだ(遠軽町)

▲このページの先頭へ

11月20日 湧別町民大学第4回目講座終了しました

 10月28日から開講しています湧別町民大学が4回目の講座が終了しました。
 第1回は追手門学院大学教授の児玉光雄氏で一流スポーツ選手のメンタルなどについて、第2回は立命館大学教授の陰山英男氏からは子どもの教育方法などを、第3回は法政大学教授の山口二郎氏は今話題の衆議院解散を含め政治のお話しを聴講しました。
 11月18日に第4回目で、オリンピック金メダリストの荻原健司氏による講座を開催し、オリンピックに出場し金メダルを獲得するまでの家庭環境や実体験、また、その考え方などをお聞きし、さらに現在トップ選手の育成指導にあたっている姿勢などのお話しを伺いました。
 11月26日の第5回(最終回)は、東京湧別会会長の尾﨑 晌氏の講座を開催しますので、多数のご来場をお待ちしています。

▲このページの先頭へ

11月17日 議会意見交換会が開催されています!

 11月17日(月)、上湧別コミュニティセンターで議会と町民の意見交換会が開催されました。
 この意見交換会は、今年の4月から施行されている自治基本条例に基づき、町民と議会の情報共有や対話の機会づくりの機会として企画したもので、今年から4つの地区で開催するものです。
 初開催となる上湧別地区会場では、集まった方々が熱心に議会活動報告を聞き、そして、活発な意見交換が行われていました。 今後、20日(木)文化センターTOM、25日(火)文化センターさざ波、28日(金)芭露畜産研修センターで、いずれも午後7時から開催されます。

▲このページの先頭へ

11月13日 小学1年生のみんなも百人一首を楽しんでいます!!~子ども百人一首教室~

 11月1日(土)から毎週土曜日(13:00~15:00)に農村センターで開催されている百人一首教室ですが、今年の百人一首教室には9名もの町内の小学1年生が参加しています。

 どの子も初めて体験する百人一首で、最初は札が難しくなかなか取れませんでしたが、指導員の皆さんが優しく丁寧に教えてくれていることもあり、少しづつではありますが札が取れるようになってきています。教室会場から「楽しい」や「面白い」等という言葉も聞かれるようになってきています。
 1年生の皆さん、これからも頑張りましょうね。

▲このページの先頭へ

11月12日 育てた野菜でカレーライス作りに挑戦!!~ふるさと寺子屋収穫祭~

 11月8日(土)に文化センターさざ波において、ふるさと寺子屋塾「収穫祭」を行いました。
 今年5月から寺子屋農園で大事に育てたじゃがいも、にんじん、たまねぎ、かぼちゃなどを用いてカレーライスやいも団子、かぼちゃ団子を、ボランティアの皆さんや塾生のご家族の皆さんのご協力をもらいながら調理を行いました。
 出来上がったのは、ちょうどお昼ころで参加者全員で料理を囲み美味しそうに食べていました。

▲このページの先頭へ

11月11日 湧別中1年が総合支所を訪問

 11月10日(月)、湧別中学校1年生6名が総合支所を訪れ、役場職員の勤務時間、仕事で一番大変なこと、仕事上のつらいこと、湧別町と上湧別町が合併して良かったことなど14項目に渡り、担当者に対しインタビューを行いました。
 今回の職場訪問は、中高一貫教育STCプログラムの事業の一環で、「湧別町の職業を学ぶことを目的に町内の各事業所を訪問するもので、12月上旬には発表会が予定されています。

▲このページの先頭へ

11月5日 地域づくり懇談会が始まりました

 「町民主体のまちづくり」を進めるため、町と自治会の共催により毎年開催している「地域づくり懇談会」が11月5日(水)からはじまり、最初の懇談会が北町自治会で開催され、参加した皆さんからは道路の補修など身近な要望が寄せられていました。
 各自治会での懇談会は、10月24日付「かわらばん」でお知らせしているとおり開催される予定ですので是非ご参加ください。

▲このページの先頭へ

11月4日 毎週土曜日『百人一首教室』を行っています

 11月1日(土)に百人一首教室を実施しました。
 この教室は、冬の伝統的な遊びである「百人一首」を学ことや、礼儀作法やあいさつの大切さを身につける場として例年11月から実施しているもので、百人一首教室実行委員会の指導者の皆さんに毎週ご指導をいただいているものです。

 第1回目となる今回は、約30名の小・中学生が参加し指導員の皆さんと楽しく「百人一首」を行いました。
 この「百人一首教室」は、11月1日から翌年1月17日までの毎週土曜日(時間13時から15時まで、ただし年末・年始は除く)に上湧別農村センターで行われています。
 小・中学生の皆さんはもちろんのこと一般の方々も参加が可能となっていますので、ぜひご参加ください。

▲このページの先頭へ

2014年11月