トップ > まちの話題 > 2014年 > 2014年6月

2014年6月

6月29日 第29回サロマ湖100kmウルトラマラソンが開催されました

6月29日(日)、オホーツク海やサロマ湖など美しく雄大なオホーツクの初夏を感じながら走る第29回サロマ湖100kmウルトラマラソンが開催され、50kmの部に486人、100kmの部には過去最高となる3,279人が出走しました。
100kmの部に出場する選手は、午前5時に湧別総合体育館をスタート。スタート時の天候は晴れで、気温18.3度と絶好の大会日和となりましたが、時間がたつにつれ、気温がぐんぐん上昇し、午後には30度近くとなる夏日となり、選手にとって非常に過酷なレースとなりました。
選手達は、沿道の声援や給水所でのボランティアの温かい支援を励みに、自らの限界と戦いながら、ゴールとなる北見市常呂町を目指しました。
100kmの部の完走率は、56.5%で、前回大会の68.9%より12.4ポイント下回る結果となりました。
大会運営にご協力をいただいた関係者、ボランティアの方々に心からお礼を申し上げます。

▲このページの先頭へ

6月27日 サロマ湖100kmウルトラマラソンの受付が始まりました~地元小学生も激励~

サロマ湖100kmウルトラマラソンの受付が湧別総合体育館で始まりました。受付初日の6月27日(金)は、地元上湧別小学校の6年生15名が受付業務をサポート。遠方から早めに現地入りした選手たちにナンバーカードや計測用チップの入った袋を手渡し、「頑張ってください!」と激励していました。大会(100kmの部)は、6月29日(日)午前5時に湧別総合体育館裏をスタートし、北見市常呂町のゴールを目指します。選手の皆さん、頑張ってください。

▲このページの先頭へ

6月23日 SUITE VOICE 2014 LIVE at JRYが開催されました

 6月21日(土)ふるさと館JRYにおいて、SUITE VOICE 2014 LIVE at JRYが開催されました。
 女性4人のコーラスグループ スイートボイスの素敵なハーモニー、トリオの演奏、そして4人だけのアカペラなど、色々なバリエーションで楽しむことができました。生のステージに観客の皆さんも引き込まれていました。

▲このページの先頭へ

6月23日 開盛子ども会、東町子ども会両チーム同時優勝!~子ども会フットベースボール大会~

 6月22日(日)に上湧別小グラウンドにおいて、小学生の子ども会員約150名を集めてフットベースボール大会を行いました。
 この大会は、7地域から8チームの参加があり、4チームずつ2つのブロックに分かれてリーグ戦を行い。各ブロックを勝ち上がった開盛子ども会、屯市北区A子ども会、東町子ども会、南兵村子ども会が優勝を目指して準決勝を行いましたが、雨が降りはじめ、その雨脚も徐々に強くなったため、準決勝終了時点で終了となりました。
 それぞれ決勝に勝ち上がった開盛子ども会と東町子ども会の同時優勝となり、東町子ども会は久しぶりの優勝!、開盛子ども会は3連覇を達成しました。選手の皆さんお疲れ様でした。





◆大会の結果
【優勝】
 開盛子ども会、東町子ども会
【第3位】
 南兵村子ども会、屯市北区A子ども会

▲このページの先頭へ

6月16日 ようやく農園作業ができました。~ふるさと寺子屋塾第1回農園活動~

 今年の寺子屋農園は、とにかく天候に恵まれず入塾式以来の活動となりました。
 5月中に予定していた玉ねぎやじゃがいもの植付け作業も天候不順で出来ずじまい。ボランティアの方々に植付け作業を行ってもらいながら、ようやく第1回目の作業日となりました。
 今回の農園作業の内容は、スイートコーンとかぼちゃの苗の植付けと人参の種の蒔きつけ作業と玉ねぎ周辺の草取り、じゃがいもの土寄せ作業と少々忙しい内容となりましたが、初めの作業ということもあり塾生は皆、まじめに作業に取り組んでいました。収穫が今から楽しみですね!!

▲このページの先頭へ

6月12日 合同学習会が開催されました

 町の高齢者教育を担う湧別生きがい大学と上湧別寿学級が、6月5日(木)文化センターTOMで合同学習会を開催しました。
 当日は講師に本町出身の丹羽一彦氏を迎えて、「生涯スポーツの実践~アスリートに学ぶ健康管理術~」と題して、ご講演をいただきました。
 丹羽さんが話される湧別での生い立ちや、国内外でのマスターズ陸上競技大会などのエピソードには、時に笑い声も起こりながら、集まった学生の皆さんは生き生きしたその発言から多くのことを学び取った様子でした。

▲このページの先頭へ

6月10日 浜のかあさん植樹祭が開催されました

 6月10日(火)計呂地の円山地区で「浜のかあさん植樹祭」が開催され、漁業関係者や町内企業など106名が参加しました。
 湧別漁業協同組合女性部と青年部、漁業士会が主体となり今年で26回目となるもので、ミズナラ800本・ヤチダモ200本の苗木を植樹しました。

▲このページの先頭へ

6月10日 「人権の花運動」を実施しました~芭露小学校~


 
 6月10日(火)芭露小学校で「人権の花運動」が行われました。
 この運動は法務省からの地方委託事業である人権啓発活動の一環で、町内の6小学校を対象に行っています。
 配布された花の苗を協力しながら育成することを通して,協力することの大切さを学び,やさしい思いやりの心をはぐくんでほしいという想いが込められた事業です。
 
 この日は、晴天のなか芭露小学校の児童3~4年生がみんなで協力をして、丁寧に花苗を花だんに植え込んでいました。これからもみんなで協力をして、水やりや雑草とりなどのお世話をしてあげてください。

▲このページの先頭へ

6月6日 待ちに待った遊具に歓声!! ~開盛小学校~

開盛小学校では、開盛在住の元木茂さんより寄贈していただいた「ジャングルジム」や「コンビネーション遊具」等の設置を終えたことから、6月6日(金)に子ども達へのお披露目を行ないました。
これらの遊具は「元木ランド」と命名され、この日を待ちわびていた子ども達からは、笑顔が溢れ元気いっぱいに遊具を利用し、校庭には歓声が響きわたりました。

▲このページの先頭へ

6月4日 リラの花が色づき始めました

 町のシンボルロード「オホーツク・リラ街道」のリラ(ライラック)の花が見ごろを迎えています。全長900mの街道の両側には約600本のリラが植えられ、ムラサキや白の花が色づいています。これからの時期、リラの木々の間には「リラ街道応援団」の皆さんによってたくさんの花が植えられ、街道を散策する人々の目を楽しませる憩いの場となります。

▲このページの先頭へ

6月3日 交換留学生が上小児童と交流!

 ニュージーランドからの留学生、ジョウジ・ペンダーくんが上湧別小学校を訪問し、5年生の児童と一緒に田植えを体験しました。晴天の下、みんなで協力して苗を植えた田んぼはきれいな緑がまぶしく輝いていました。34度の暑さの中での田植えでしたが、田んぼの中はひんやり気持ち良さそうでした。
 今週ジョウジはこの後、富美小学校、湧別中学校、上湧別中学校、湧別小学校を訪問します。みなさん、どうぞよろしくお願いします。

▲このページの先頭へ

6月2日 交通事故死ゼロ日数が1000日になりました

 湧別町では、6月2日(月)に町内での交通事故死ゼロ日数が1000日になりました。
 これは、町民の皆さんや交通関係団体の方々の日頃からのご努力とご協力によるものです。
 つきましては、新たに交通事故死ゼロ日数1500日(達成日:平成27年10月15日)を目標に設定し、交通安全運動を推進して参ります。
 町民の皆さまにおかれましては、これまで以上に「スピードダウン・シートベルトの着用」を心がけ「安全運転」に注意され、職場・家庭・地域から交通安全運動推進により一層のご協力を心からお願い申し上げます。

▲このページの先頭へ

2014年6月