トップ > まちの話題 > 2013年 > 2013年8月

2013年8月

8月26日 ふるさと寺子屋塾『酪農体験学習』を行いました!!

 8月24日(土)にふるさと寺子屋塾「酪農体験学習」を行いました。
 今回の学習は、自分たちが住む湧別町の産業を知ることをテーマに町内芭露で酪農を営んでいるレークランド久保牧場へ出向き学習を行いました。
 レークランド久保牧場代表の久保隆幸さんのご指導のもと、酪農家のお仕事の内容や牛乳が出来るまでなどを実際に牛達とふれあいながら学びました。
 また、奥さんの美恵子さんにはバターづくり体験を教えていただき、実際に自分たちで作ったバターをクラッカーに乗せて食べました。
 参加した塾生からは、「牛が可愛かった」「バター作りが楽しかった」など口々に話していました。
 酪農体験終了後は、レストラン彩湖で昼食を食べて、ファミリー愛ランドYOUで遊び心配されていた雨にも当たらず、充実した1日を過ごしました。
 お忙しい中、今回の酪農体験学習を快く受け入れていただいた久保牧場の皆さん大変ありがとうございました。

▲このページの先頭へ

8月20日 交換留学生が帰国しました

 交換留学生としてニュージーランドから来ていた、ケリー・リーチくんとシャナイア・カライティアナさんが、8月17日(土)女満別空港から帰国の途に着きました。
 二人は「湧別の留学はとても良い経験で、たくさんの友だちと思い出ができた。特に、湧別高校での学校祭が楽しかった。将来また湧別町に戻ってきたい。」と話していました。

 二人にはこの留学の経験をこれからの学校生活や将来の夢に役立てて欲しいと願っています。

▲このページの先頭へ

8月19日 盆踊り大会が開催されました

 町内各地区で盆踊り大会実行委員や各自治会主催の盆踊り大会が開催されました。
 会場では、浴衣を着た方や趣向をこらした仮装をした方々が、次々とやぐらを囲んで踊りの輪に加わり、太鼓の拍子に合わせて夏の醍醐味(だいごみ)を楽しんでいました。
 8月20日(火)には、えんゆう機械センター駐車場で屯田夏祭り盆踊り大会が開催される予定です。

▲このページの先頭へ

8月15日 暑中お見舞い申し上げます!

暑中お見舞い申し上げます。
ここ数日、暑さの厳しいなかいかがお過ごしでしょうか。
暑さが厳しい時期は健康維持が大変です。熱中症には特に気をつけてお体御自愛いただき、益々のご健勝を心からお祈り申し上げます。

▲このページの先頭へ

8月12日 駒大苫小牧高等学校野球部が湧別町で合宿中です

 2004・2005全国高校野球選手権大会(甲子園)で連覇、今年は南北海道大会で準優勝した強豪・駒大苫小牧高野球部が、昨日から湧別町内〔湧別運動公園(野球場)〕で合宿を行っています。
 練習試合では今春の選抜高校野球大会に21世紀枠で出場し、1勝を挙げた遠軽高をはじめ、紋別高校などと対戦しました。明日は合宿最終日で午前8時30分から湧別・佐呂間・常呂高等学校と午前11時から北見柏陽高等学校と練習試合を行いますので、この機会に強豪校のプレーをご観覧ください。

▲このページの先頭へ

8月9日 毎日、暑い日が続いています

 ここ数日暑い日が続いています。暑い日が続きますと注意していただきたいのは、「熱中症」と「食中毒」です。
 熱中症は「気温が高く、湿度が高い」「風が弱い、日差しが強い」「照り返しが強い」「急に暑くなった」といった環境条件のとき起こしやすくなりますので気をつけてください。「こまめな水分補給と塩分補給」「汗の吸水性や通気性の高い服装」などを心がけましょう。
 また食中毒ですが、気温と湿度が高い夏は細菌が好む環境になっています。「こまめな手洗い」「包丁やまな板などの菌・消毒」「食品の管理」に気をつけて食中毒を防ぎましょう。
 熱中症も食中毒も、普段の心がけでリスクを低くすることができます。正しい知識と対策を身につけ、残りの夏をお過ごしください。

▲このページの先頭へ

8月6日 湧別町・新篠津村友好都市交流事業を行っています

  
 


 平成25年度湧別町・新篠津村友好都市交流事業が8月5日(月)から町内で行われています。
 この事業に参加しているのは湧別町と新篠津村の小学5、6年生の子どもたちで、両町村相互の親睦と友好を深め、文化、産業、経済交流を通じ、互いの歴史を理解し開拓者の意思・信念を引き継ぐため、児童による交流事業の実施により親睦と交流の輪を広げ友好関係の更なる発展を目的に実施しています。
 
 交流事業2日目の今日は友好都市提携10周年を記念しエゾヤマザクラの苗木の植樹が行われ、新篠津村長、議長、教育長にもお越しいただき、子どもたちと一緒に苗木の植え付けをしていただきました。
 午後からは三里浜キャンプ場へ移動し、湧別漁業協同組合青年部の皆さんの協力を得て地引網漁体験をしました。引いた網にはマスやサヨリ、カレイ、シマエビなどがかかっていて、子どもたちはそれらを手に取り青年部のお兄さんたちから説明を受けていました。最後に青年部の皆さんへ子どもたちからお礼の言葉が述べられていました。
 交流事業は明日が最終日となります。交流できる時間は残り少ないですが思う存分楽しんでください。

▲このページの先頭へ

8月6日 交通事故死ゼロ日数700日達成

 町内の交通事故死ゼロ日数が平成25年8月6日で目標日数の700日を達成しました。
 これも日頃から、皆さまの交通安全に対するご協力の賜物であります。
 便利な車社会の反面、悲惨な交通事故により多くの尊い命が犠牲になっています。交通事故死ゼロ日数が1日でも長く続くよう交通安全運動の推進に努めてまいりますので、今後も変わらぬご協力とご支援よろしくお願いいたします。

▲このページの先頭へ

8月5日 第26回納涼七夕まつりが開催されました!

 8月3日(土)~4日(日)の2日間、百年記念公園で第26回納涼七夕まつりが開催されました。
 この2日間、子どもたちによるダンスや町内各小中高校の吹奏楽の演奏会、メガ盛りかき氷早食い競争、今年の新イベントであるぶら下がり我慢大会などなど、さまざまなイベントが行われ会場は大いに盛り上がっていました。
 2日間のまつりの最後は打ち上げ花火が夜空を彩り、盛況のうちに幕を閉じました。

▲このページの先頭へ

8月1日 ふるさと寺子屋塾「夏季宿泊体験学習」兼子ども会リーダー研修を行いました!!

 7月30日(火)~31日(水)の1泊2日の日程で、ふるさと寺子屋塾『夏季宿泊体験学習』兼子ども会リーダー研修を行いました。
 五鹿山公園キャンプ場に町内の小学生4年~6年生の29名が集まり、リーダークラブ『E=Q∀L(イークアル)』の指導のもと、夏らしい暑さにも負けず元気一杯に活動していました。
 仲間づくりゲームや鬼ごっこ、夕食の献立カレーライスの食材を探す『ウルトラウオークラリー』、夏のキャンプの風物詩『きもだめし』に『キャンプファイヤーと花火』、『ミニ運動会』など「E=Q∀L(イークアル)」が考えた内容に参加者した小学生は皆楽しそうに夏のひと時を満喫していました。

▲このページの先頭へ

2013年8月