トップ > まちの話題 > 2013年 > 2013年5月

2013年5月

5月27日 ふるさと寺子屋塾農園活動を行いました

ふるさと寺子屋塾農園活動  5月25日(土)にふるさと寺子屋塾農園活動を行いました。
 今年は天候不順で、中々農園活動ができないでいましたが、ようやく春らしい天気になり、活動当日は暖かく絶好の農園活動日和となりました。
 今回の農園活動では、玉ねぎとじゃがいもを植えました。参加した塾生は、ボランティアの皆さんにお手伝いをいただきながら、一生懸命作業に取り組んでいました。
 次回は、とうもろこしやかぼちゃなどを植える予定です。

▲このページの先頭へ

5月24日 生きがい大学第1回講演会及びチューリップ公園の散策を行いました

生きがい大学第1回講演会  5月23日(木)ふるさと館JRYにて第1回講演会を行いました。
 今回の講演会は、ふるさと座談会と題して、ふるさと館JRYの中島係長を講師に対話形式の座談会を実施しました。
 座談会では、自分史を作成しながらタイムスリップし昔のことなどを一人ひとり思い返していました。
 座談会終了後は、チューリップ公園の散策を行いました。残念ながら今年のチューリップ公園は悪天候続きでチューリップも1割程度しか咲いていませんでした。それでも、大学生の皆さんは、開講式以来の活動や級友との再開に楽しそうにしていました。

▲このページの先頭へ

5月21日 稚貝放流が始まりました!!

湧別沖でホタテ稚貝を放流する第35ゆうべつ丸  5月20日(月)からホタテの稚貝放流が始まり、浜は早朝より活気にわいております。
 サロマ湖で1年間養殖して今春4~5cm程度までに成長したホタテ稚貝をオホーツク海域に放流します。サロマ湖で荷揚げされたホタテ稚貝はサンテナー籠により湧別漁港までトラックで運ばれ、ホタテ操業船に積み替えられた後、オホーツク海の沖合いで放流されます。
 湧別漁協では10日間ほどかけて約2億5千万個を放流する予定です。

▲このページの先頭へ

5月2日 生きがい大学開講式を行いました

生きがい大学  4月25日(木)文化センターさざ波において平成25年度生きがい大学開講式を行いました。
 開講式では、学長の牧野教育長や嘉藤副町長の挨拶のほか、受講生を代表して蔦保会長の挨拶がありました。
 今年度の受講生は126名で、月に1度講演会やレクレーション活動などを行います。

▲このページの先頭へ

2013年5月